« 大阪の森林の仕事ガイダンス | トップページ | 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 上巻 »

2010/01/29

もげた

今日間伐してて、もう仕事も終わりかけっていうときにいきなり「もげた」んですよ。
Rimg0004まあ、びっくりしたね。
僕のはeスタートとか言ってバネが入っているタイプでスタータの付け根のところからすっぽ抜けてしまいました。
よくロープを切るって言う話は聞くけどさ。

別にこれがとれてもロープを巻き込んでしまった訳ではなかったので、そのまま仕事できたんでよかったです。


まあ、こういう事があって集中力がちょっと切れたのかな?
Rimg0006ナットを落としてしまった。。
これさ、もっと派手な色じゃないと山で落としたら見つからないよね。
これ結構山でなくした事ある人多いと思うんだけど。
自分で着色してもいいけど、どうせすぐ剥げちゃうでしょ。


で、話戻って、
スタータはまたまた例のやつを加工して付けてみました。
Rimg0011
ちょっとでかすぎて邪魔かな。
ツノって感じがしてカコイイと思ってんだけど。


んで、今日やっとスクエアグラウンド21LPを実際の間伐で使ったんだけど、21BPグーフィよりも10〜15%は速いわ。
ほんと日本で普及してこなかったのが、不思議。
Rimg0010

|

« 大阪の森林の仕事ガイダンス | トップページ | 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 上巻 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは はじめてですが
いつも拝見し大変参考にさせていただいています。
私も以前ハスク345 15インチ21LPで使っていました
山仕事では大変よく切れるのですが、目立てが悪いと全く切れなく(下手なだけで~す)
受け口の斜めの切り込みが悪かったです。また角の部分が切れなくなると極端にキレ味が落ちました。
 取扱店ではよく切れるんだけど目立てが難しいのであまり出ないとのことでした。
ダラダラ書きましたが今後ともよろしくです。

投稿: 森もり | 2010/01/30 10:41

森もりさん、はじめまして。

21LPは丸ヤスリで目立てしていたのではないですか?
やはり角刃は角ヤスリで研ぐものだと思います。
このあたりもブログできちんと書いていくつもりです。

そのときはまたコメントください。
今後ともごひいきにお願いしますね。

投稿: でき杉 | 2010/01/30 19:44

なんかゼノアのグリップ弱いような話を聞いたことがあります。う~ん、ツノが右手に刺さりそう。

ナットとか金物を落とすとなぜか見つからないですよね~
先週、修理中の油圧配管の変換金具をツルッと雪混じりの枝条の中に落としてしまって青くなりました。見つかったけど。


僕も今間伐で、スチールPMC3をグーフィーで研いでます。上刃と横刃を別々に研ぐことで、スクエアと同じような感じに仕上げることができました。
もともとよく切れるソーチェーンなので、22LPと遜色ない切れ味だと思います。

ホントに変形平ヤスリの目立ては革命的ですよね。今までとの落差がものすごく大きいです。

投稿: だん | 2010/01/30 23:11

だんさん、どうも!
ゼノアが弱いっていうか、このスプリングが入っているやつが悪いですね。
ツノめちゃめちゃいいですよ!
オリジナルな感じがいいですね。
たまに先の方が前を向いていて「わっ」ってびっくりするけど。

>僕も今間伐で、スチールPMC3をグーフィーで研いでます。上刃と横刃を別々に研ぐことで、

グーフィは上と横を別々に研ぐ人多いですね〜。
僕、これはどうかな?って思ってるんですけど。
だって面倒じゃないですか(笑)
gulletを落とす必要もあるし。


そろそろgoofyの記事を書こうと思うので、その時にまたコメントください!
ヤスリ革命起こさないと!

投稿: でき杉 | 2010/01/31 18:18

グーフィー、一回で目立てするのもやってみたんです。
バックスロープでもスムーズですけど、
やはり横刃を立ててエッジを合わせた方が気持ちよく切れますね。
めんどくさいけど、切削面積が小さいのでそんなに時間もかかりません。

投稿: だん | 2010/01/31 19:46

だんさん、どうもです。
このコメント他の人も見てるかな〜。

>やはり横刃を立ててエッジを合わせた方が気持ちよく切れますね。

「エッジを合わせ」るというのが、ぼんやりとしかわからないのですが、ワーキングコーナーのことですよね。

やっぱりみんな同じこと考えてるんだな〜。

投稿: でき杉 | 2010/01/31 21:31

さすが 鋭い指摘
そのころ(3年前今もかな?)丸でやってました
出来杉さんのブログを拝見しベイリーズから取り寄せてみました。
早速お蔵入りしていた21LPを目立てしてみました明日試し切りしてみます。
今は屋敷林を専門に回っているので21BPと25APをメインに使ってます。
少しぐらい切り病んでも無理がきくのかなと?
三角ヤスリはウイスパーにも、シエリルツリー?にも無く
色々見てたところでした、ありがとうございました。
こちらこそよろしくです。

投稿: 森もり | 2010/01/31 22:28

森もりさん、試し切り楽しみですね!
僕も25APと21BPがメインです。
徐々にLPの出番も増やしていくつもりです。

また経験談などいろいろ教えてください。

投稿: でき杉 | 2010/01/31 23:50

こんばんわ・・・ねむ!

 今日はしばらく21LPを使ってみた感想を今の段階で述べたいと思います(目立てレベルはまだまだやけど・・・coldsweats01 )
 
 まず購入したての21LPは、だんさんのコメントにあるように、荒々しく刃が噛みついて切りすすむ感じがありました。キックバックもマイクロチゼルのフック型みたいなカンジで起こりました。(しかし切れるスピードは速い!)

 つぎに、MADSENの研ぎ方でかたちがクチバシ型でなくなってくると、切れ味は格段に滑らかになっていきました!(なめらかな切れ味は切ってて気持ちがイイですねえ( ̄ー ̄)ニヤリ)

 で、さいきん上刃目立て角がだいたい15度でそろってきたんですが、玉切るスピードが少しなくなってきた感があります。
 まあ、それによって確実に刃のもちが良くなっているので、なめらかさと共に満足しているところではありますが。
 それでもやっぱり最初のスピード感が欲しくなってきたので、いまは上刃目立て角を20度にしています。すこし切るスピードが上がったような・・・感じが・・・ムムム( ̄◆ ̄;)???

 ちなみにわたしは、ハスク346XP(45cc)に15インチバーをつけてガンバッテおります。

 21LPがピッタリなカンジですhappy01

投稿: 耕新 | 2010/02/02 01:07

試してみましたが?
切断材として、直径29~30×27~28杉材 ハスク346 13インチバー
まず21LPと95VP新品で 1センチぐらいで交互に輪切り5回 中間値3回の平均で
 21BPはロングバー用なので今回は比較しませんでした(95は1.3㍉ゲージ)
結果? LPはVPの81.6%のタイム あらためてLPは早い 両方目立て後同様に
ムム! LPが82.0%にダウン 初めての目立てだからか?
 切断面はLPの場合ひげみたいなのが目立つのですが きれいな面になりました。
切断面に節があったり2台の調子が同じ?切り下ろし時の力加減など、
条件が同じではなかったので はっきりした結果が得られませんでした。
ちなみにLP最速タイム5.17秒VP7.32でした。
もう少し練習してまた比較したいと思います。

投稿: 森 | 2010/02/02 08:52

耕新さん、遅くまで起きてますね〜。

角ヤスリでの21LP、滑らかに切れるという表現がぴったりですよね。

上刃目立て角は、ソフトウッドで20度、ハードウッドで15度ですから、日本の針葉樹なら20度で良いんではないでしょうか?

僕は適当ですが、おそらく20度くらいだと思います。

でも、あんまり横刃が鋭くても(上刃目立て角が鋭角)ダメなんですよね〜。

>ハスク346XP(45cc)に15インチバーをつけてガンバッテおります。

うん、理想的な組み合わせだよね。
ちなみに僕はゼノア3700に同じ15インチ(スプロケ)ですので、ちょっと苦しい感じです。
13インチじゃ短いしな〜。

投稿: でき杉 | 2010/02/02 20:01

森(もり)さん、詳しい報告ありがとうございます。

これまでLPがそれほど普及しなかった理由に、キックバックや刃の痛みやすさ、それに切断面の荒さがあったと思います。
角21LPはこれらのマイナス面を緩和しますよね。


LPは最初の状態の方が目立て後よりほんのわずか早かったという事ですね。
僕の感じでは、やはり目立て後の方がすんなりと切れていく感じがあるので、またお互いいろいろ検証していきましょう!

投稿: でき杉 | 2010/02/02 20:06

名前間違えましたー
森? 森もり でしたすみません。
切断面の条件が微妙に違うので何とも言えません・・
 キックバック 切断面の粗さはフックぎみのコーナーのせいかなと
小生は思っております。角ヤスリを掛けるとこの尖った所がなくなりサイドカッターが
角まで有効に働くようになって滑らかに また引っかかり感が少なくなるのかなーと
その代わりに材への食い込みが甘くなり切削スピードが落ちたのかな?
と言うことでデプスの調整、チェーンの張り色々おくがふかいですね。!
あと 13インチなのは専ら枝払いに使用しているからです、もちろん伐採にも使用できます。
左右から切ったり差し込んだりチョット面倒です、でも歯数が少ないので
メンテやコスト面では有利かも

それでは 

投稿: 森もり | 2010/02/03 08:09

 こんばんわ、でき杉さん。

>上刃目立て角は、ソフトウッドで20度、ハードウッドで15度ですから、日本の針葉樹なら20度で良いんではないでしょうか?

 うん。うん。そうですよね~。そうしよっhappy01

>ちなみに僕はゼノア3700に同じ15インチ(スプロケ)ですので、ちょっと苦しい感じです。

 わたしもスプロケットバーですよ!
 ゼノア3700かあ・・・有名ですよねえ。名機らしいですねえ(* ̄ー ̄*)
 3台目チェーンソーに選ぼうかと迷ったんですよねー・・・。結局、ハスクの440eにしてもーたんですわ。省燃費・低ガス排出・高トルク・軽量・低価格に引かれて・・・
 でもパワーが・・・ぱわーが足りないんですよォ~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 

 3700ってやっぱりいいんですか?smile

投稿: 耕新 | 2010/02/03 20:35

 こんばんわ、森もりさん。
 
 実験すばらしいですねえ~、わたしもやろうやろうと思いつつ、日々の忙しさにかまけてしまって。
 チェーンソーの切れ味を数字で表すのはわかりやすいし、より客観的に判断できるからとても参考になります!でき杉さんのように画像で見せてくれるのもホントに勉強になりますしねwink

 つぎの結果待ってマースdelicious
 

投稿: 耕新 | 2010/02/03 20:47

 「枝打ち」にばかり能書きを書いてしまい、このエントリーにすっかり乗り遅れてしまいましたthink
お邪魔させて下さい。

 一番大切なのは「切削角」(「刃先角」プラス「逃げ角」の事)ではないでしょうか。
ちなみに、ソーチェーンの場合、逃げ角は5度で固定。目立てで可変なのは刃先角だけ。
余談ですが、切削角が同じなら、刃先角・逃げ角が増減しても切れ味は、ほとんど同じ。

平ヤスリ(グーフィ、「変形平ヤスリ」って呼ぶの?サイドが丸みを帯びてるから?)で上刃、横刃を分けて磨ると、目立て角によらずに、ある程度自由に、切削角を調整できますよね。

そうなると、目立て角と申しますか、刃のナナメり具合は、直角に切る対象物にぶつけない策、となりませんか?では、何の為にそうするのでしょうか。
「切れ味が良くなるから」それも理由でしょうし「刃の持ちが良くなるから」それもまた理由でしょう。
ちなみに、鉋は45度にするのが一番切れるという研究結果がある、と聞いた事があります。(伝聞ですので出典不詳)
でもね、チェーンソーの場合、上刃・横刃ともにナナメにする程に、先端というか角(コーナーでもある)の負担が増大すると思いますよ。
上刃・横刃の持ちが良くても、肝心のココが、切れ止むのが早まってしまったのでは、台無しです。
私も、良くは分らないのですが、一応、ひとつの意見としてコメントしてみました。

お邪魔しました o(_ _)oペコッ

投稿: yama | 2010/02/07 12:00

森もりさん、コメントありがとうございます。

角刃の強いフック型は食い込むので、速く感じるだけだと僕は思っています。
角ヤスリによるスムースさは実際は速いと思うのですが、今回数字的には現れなかったんですもんね。

ん〜、僕も実験してみようかな〜。


13インチは伐採の時、面倒に感じてしまうんですよね。
バーも安いし、こっちも試すだけ試してみようかな。

投稿: でき杉 | 2010/02/08 08:54

耕新さん、3700ですけど、とっても良いチェンソーだと思います。

でも、.325、.058のチェンを付けるなら同じゼノアの42でないと仕事上のストレスがたまります。
37には.050のチェンじゃないとだめですね。

僕は新しいチェンソーを買う余裕がないので、37にいろいろ付けて遊んでいます。

投稿: でき杉 | 2010/02/08 08:58

yamaさん、コメントありがとうございます。

目立て角って、僕はあまり意味がないと思っていたんですよ。
切削角を決めると、勝手にそうなる角度だと思っていたんで。

でもやはり、目立て角を鋭角にするとやはり大事なカッティングポイントの負担が増すので、よろしくないでしょうね。

そういう意味でカッターの形というのはうまくできているなあ、とホント思います。


角刃&角ヤスリの時も「くちばし」を作らないようにするのは「点」ではなく「線」で負荷を受けるようにするためですね。

投稿: でき杉 | 2010/02/08 09:06

でき杉さん 皆さん
ヤスリって何処のメーカーが良いんでしょうか?
丸ヤスリは今vaLLorbe(バローベ)で落ち着いています。
三角、扁平六角は先日PFERD(ぺフォード)のを取り寄せ使用中ですが
でき杉さんも言われるように断面が一定でなく 反りが有ったり品質に??
Save Edge(セイブエッジ)も三角2本を(グーフィーは良く分らなくって、扁平六角は在庫切れで
購入できなかった)2本のみの比較だとセイブエッジがいいのかな~って
今日またBailey'sを覘いたらバローベのLime Chisel bit, forme Vallorbe, mi-doux何て読むんだろ?
断面は扁平な台形です
グーフィーと一緒にほしくなっちゃいました。お母さんに叱られソー!
こんなことを書くと女性に叱られそうだけどコーイウこだわりって理解してくれませんねー
皆さんはいかがですか?

yamaさんコメント大変参考になります。
私も角ヤスリを使い始めてから目立角=横歯すくい角(刃先角+逃げ角)では無く
別物だと考えるようになりました。
ヤスリの当て方次第でいろいろ変えられる(タイストラップとご相談の上で)
ボチボチとやっていきます。


投稿: 森もり | 2010/02/09 21:08

>ヤスリって何処のメーカーが良いんでしょうか?

森もりさん、このエントリーもコメントがたくさんつきましたし、せっかくの質問ですので、僕の答えも含めてエントリーにしてみますね!

投稿: でき杉 | 2010/02/09 22:07

> (タイストラップとご相談の上で)

 アハハ( ̄▽ ̄)目立てに凝り出すと、ホント「タイストラップ」って憎らしいですよねー。
丸棒ヤスリでも、カッタが短くなると憎らしいです。小径なんかに持ち替えない。それが男ってもんさ( ̄ー ̄)

 切削角と言うよりもスクイ角と言った方が、馴染みやすいでしょうかね~。潰れた刃先を再構成する為に、ひたすら磨るのが「スクイ面」ですから。
ところで、厳密なお話。
「バックスロープ型」とは言いますが・・・・丸棒ヤスリや、平ヤスリの平面だけで研いだ場合は、完全なバックスロープ型で間違いないでしょう。
でも、話題のヤスリの角を、カッティングポイントに当てて研いだり、グーフィーで横刃・上刃を分けて研いだ場合、一見、バックスロープ型のプロポーションに見えても、それはバックスロープとは違うんじゃないでしょうか。
なぜなら、上刃にスクイ角が出来るからです。
従って、過去に書かせていただきましたダウンフォースも発生するわけでして、きちんとデプスゲージに仕事してもらわないと困りますよね。(横刃にデプスは無いですけどね)

 エーと、クチバシが出来ちゃうなら、上刃寄りに出来るのと、横刃寄りに出来るのは、どちらがマシなんでしょう?メーカーサイトの記述は無視して頂いて、みなさんのお考えをお聞きしてみたいな~。

投稿: yama | 2010/02/09 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/47421050

この記事へのトラックバック一覧です: もげた:

« 大阪の森林の仕事ガイダンス | トップページ | 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 上巻 »