« 角ヤスリを送ります | トップページ | 2010年、林業をやりたい人へ »

2010/01/06

公共施設を木材で

こんな報道がありました。

 赤松広隆農林水産相は5日、公共施設に木材の使用を義務づける「公共建築物木材利用促進法案」を通常国会に提出する方針を示した。過去30年で生産額が4分の1以下に減った国内林業のてこ入れを図る狙いがある。

 記者会見で明らかにした。法案では、地方の小中学校や役場などの低層の建築物を中心に、木材を一定程度使うように義務づける。耐火性の強い木材の開発も進んでいるといい、現在、国土交通省と木造建築物の安全性や関連する基準の整理を協議している。

 ただ、法案の内容によっては、需要を奪われるセメント業界などからの反発も予想される。また、使用を義務づける木材を国産に限定すれば、海外から保護主 義との批判を招きかねない。林野庁木材利用課は「国産材に限らず、木材全体の利用を促す内容にし、結果的に国内林業の振興につなげたい」としている。

 林野庁は昨年末、政府の緊急雇用対策を受けて森林・林業再生プランを作成。「コンクリート社会から木の社会への転換」を掲げ、10年後の木材自給率を50%に倍増させる目標をたてている。

http://www.asahi.com/politics/update/0105/TKY201001050411.html

ーーーーーーーーーーーーーー

つまりは公共建築物の一部を木造にするように義務づけるということですね。

これはうれしいニュースですね〜。

これをきっかけにして、これからどんどん、デザインやその居心地の良さで木造を選んでもらえるようにしてほしいと思います。

業界がんばろう!

 

|

« 角ヤスリを送ります | トップページ | 2010年、林業をやりたい人へ »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

わが町の小学校も、この前僕らが皆伐した杉で建て変えるそうです。
まだ葉枯らし中ですが、強度の問題とかで色々と面倒みたいですよ。
町の学校を町の木で建てるのも、いろんなハードルがあって大変だって担当職員が言ってました。
でも木の学校っていいですよね。happy01

ところで僕も本、頼んでたんですがまだ間に合います?

今年もよろしくです。 o(_ _)o

投稿: オバタ | 2010/01/07 23:31

 好いですねー、いいかんじですねーhappy02ていうか、ようやくってかんじかなあbearing

 オバタさんとこはえーなー。静岡もどんどんやって欲しいなー。木の使いみちがないといくら道入れて出しても、しゃーないもんなー。
  
 いままで貿易のためにないがしろにされてきた林業界だっただけに、どーにかせんとイカンねやわ。

投稿: 耕新 | 2010/01/08 20:45

オバタさん、小学校を杉でつくるなんてなんてステギなんでしょう!

強度の問題は技術力でカバーできると思いますよ。
日本人なら、それくらい余裕でクリアしてほしいですね。

担当職員さんのいう「いろんなハードル」って何でしょうね?
地元の学校を地元の木でつくるのにハードルがあるなんておかしいよね。

>ところで僕も本、頼んでたんですがまだ間に合います?

正直いうと、すっかり失念しておりましたが、本は大丈夫ですよ!
週明けに発送します!
ごめんなさいm(_ _)m

投稿: でき杉 | 2010/01/08 23:10

耕新さん、ほんとうらやましい話ですよね〜。
たしかに木の使い道がないと、作業道いれても仕方ないですもんね。

こういった政治の後押しをどん欲に利用して、いまここで美しい日本の施設をどんどん作ってほしいです!

投稿: でき杉 | 2010/01/08 23:12

 そのとーり!!!happy02

投稿: 耕新 | 2010/01/09 22:06

 自由貿易は良し悪しですね。
わが国には資源がない、あるのは人と技術だけだ、と言った人がいます。外貨獲得には、原料を買って商品にして売るしかない。この方法で国は豊かになって来ました。
加工貿易で発展してきた日本にとって、売った分だけ、何か買ってあげなくちゃならない。つきあいだから、そりゃそうだよね~。
しわ寄せが来るのは、農林業。当たり前!

 チョコレートで思い浮かぶのはガーナ。でも今、カカオ豆の生産は1位じゃありませんよね。ガーナはカカオ豆に翻弄されて、弱体化してしまった国です。
日本は車の輸出に翻弄されて、弱体化しないだろうか?隣の中国は経済発展ばかり考えていて、来るべき自国の飢餓をどう考えているんだろうか?そんな国に、日本は車を売ることばかり考えていて、何のアドバイスもしないのだろうか?
自由貿易って罪な事なんじゃな~い。

> つまりは公共建築物の一部を木造にするように義務づけるということですね。

 これはこれでいい事です。そうは思います。
しかし、まずは、鉄困キンクリート造の建物の、あの使い捨てを規制して欲しいです。
そして、優秀な日本の車業界に、急峻な山からでも、伐出搬送できる高性能機械の開発を命じて欲しいです。
加えて、外材には関税をかけるべきです。それをODAにまわすとかしないと、外国の林業も危うくなると思います。人件費の差とかいう問題じゃなく、林業は林業なのですから。
それと、日本全体に「木とのつきあい方」を再教育する必要もあると思いますね。
木材は、プラスチックや金属と比較しちゃならない面もあるでしょう。1本1本違うのは当たり前でしょう。それを知らない人が多杉。

 んでもネ。公共機関や施設に行って、「あっ、木で出来てる。木っていいよねー」という人々が増えるのは、たいへん喜ばしい事ですので、私は評価しますよ。このコメント、どんな方々がご覧になってるのか私は存じませんが、私と同様にお考えの方もいらっしゃるんじゃないかなぁ。 

投稿: yama | 2010/01/09 23:59

yamaさん、コメントありがとうございます。

自由貿易と保護貿易、なかなか難しいですね〜。
かつてのブロック経済の例もあるようですし。
結局バランスなんでしょうけれど、ん〜このあたりは難しいです。

>優秀な日本の車業界に、急峻な山からでも、伐出搬送できる高性能機械の開発を命じて欲しいです。

これはホントそう!
日本の技術をもってすればできますよね。
全方位的にいくのではなく、力を集中させて突破してほしいです!


やっぱり小屋を建てるのでも、単管使うよりも耐久性で劣るとしても木で建てたいと思う人は多いと思うんですよね。
人間の心のどこかに自然を求めるものがあると思うので、そこをうまくとらえるモノが日本にあふれてほしいです。

それには規制も開発も教育も使って日本をそういう方向に持っていってほしいですね!

投稿: でき杉 | 2010/01/10 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/47221951

この記事へのトラックバック一覧です: 公共施設を木材で:

« 角ヤスリを送ります | トップページ | 2010年、林業をやりたい人へ »