« もげた | トップページ | 東京に行きます »

2010/01/31

藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 上巻

全林協から興味深い書物が出ましたよ。

藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて

施業技術の疑問を誰かに質問したい、管理・経営方法の悩みを誰かに聞いてほしい、アドバイスがほしい。
 現場にはそんな切実な思いがあります。間伐方法、伐出方法、路網づくり、木材利用、目標林型、利益が出る経営とは、林業の目的とは。
 森林科学者・藤森隆郎先生が、日本各地の現場を訪ね、現場第一線の方々の疑問にズバリ答えます。もちろん、答えがすぐに見つかるとは限りません。現場問答の中から、技術、経営実践の中に、答えのヒントを見つけていく旅が繰り広げられます。
 持続可能な社会の土台となる「新たな森林管理」とは、どのようなものなのか。技術や経営の現場の中に、その答えを探します。
 月刊『林業新知識』連載に大幅加筆し、書籍化。

1章 久万林業地での複層林経営

   岡信一さん 林業家(愛媛県久万高原町)  

2章 森林認証を生かす経営

   静岡市林業研究会森林認証部会の皆さん

3章 施業と生態のつながりを現場にみる

   NPO法人信州そまびとクラブの皆さん(長野県佐久市)

4章 林業クラスターで地域雇用創出

   山下邦廣さん 下川町森林組合(北海道下川町)

5章 山に習い、調和を求める林業経営

   大橋慶三郎さん 林業家(大阪府千早赤阪村)

6章 山も人もいきいき。森林組合経営術

   湯浅勲さん 日吉町森林組合(京都府南丹市)

7章 50年目のチャンスを生かす条件―林業ビジネス戦略

   梶山恵司さん

8章 顧客サービス追求型の積極経営

   堀ノ内秀樹さん 南那珂森林組合(宮崎県串間市)

9章 市民主導の里山保全・利用事業

   寺川裕子さん NPO法人里山倶楽部(大阪府河南町)

10章 針・広多様な山を生かす択伐林業

   田中裕さん 林業家(青森県南部町)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旬な人たちばかりですよね!
僕としては7章の梶山恵司さんの対談がとても刺激的でした。

梶山さんは昨年11月「内閣官房の国家戦略室の内閣審議官として勤務されるようになった」そうですから、これからの林業の方向性としては梶山さんが目指しているようなものになるのではないかと思うのです。

それが現場レベルになると・・・っていうのはまた別の話で。


 

また9章のNPO法人里山倶楽部も懐かしく読みました。
まだNPOになる前の里山倶楽部にはちょくちょく顔を出していましたから。
こうやって今も「好きな事をして、そこそこ儲けて」いるのはすばらしいと思います。


 

ぜひとも皆さんも手に取ってみてくださいね!

|

« もげた | トップページ | 東京に行きます »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

でき杉さん、こんばんは~ 藤森隆朗先生の本が出たんですね! 早速注文しました~。早く読みたいなぁ~

藤森先生・・・ 一度会ってみたいです。あと大橋慶三郎とか泉忠義さんとか・・・ 白井裕子さんにも・・・  

投稿: | 2010/02/01 20:48

お名前がわかりませんが、コメントありがとうございます。

藤森先生は上品な方ですよ〜。
そしてきっちりご自分の立場がわかっていて、そこから逸脱せずに丁寧な仕事をされる人のように思います。

あとは大橋先生もお話を聞いた事がありますが、河内弁でこれまでの経験に基づきしっかりと持論を述べる。
ときについていけない時もあったりするのですが(^-^;、やはり作業道を語る時に絶対に外せない人ですね。

下巻も楽しみですね〜。

投稿: でき杉 | 2010/02/02 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/47443935

この記事へのトラックバック一覧です: 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 上巻:

« もげた | トップページ | 東京に行きます »