« カービングショーの音楽 | トップページ | 地元高校でのチェンソーアート授業 »

2009/11/09

月刊杉51号、発刊!

今月も来ましたよ!月刊杉WEB版51号です。

今月の特集はとにかく読んで欲しい。
なぜならスギダラ関西特集、というか吉野特集だから。

ーーーーーーーーーーーー
51号 目次 
特集 スギ関動く!
★ 吉野で“にっぽんの木の文化”を語ろう! 石橋輝一 (吉野中央木材)
★ 今を生きる山守の想い 中井章太 (中神木材)
★ 「吉野林業体感ツアー&フォーラム2009 in吉野」フライヤーダウンロード(PDF)   
単行本
★ 単行本第5回配本 『東京の杉を考える』 萩原 修       
連載
★ 杉という木材の建築構造への技術利用/第9回 田原 賢 (構造設計家)
★ いろいろな樹木とその利用/第15回 「アブラチャン」 岩井淳治 (林業普及指導員)
★ 東京の杉を考える/第38話 萩原 修 (デザインディレクター)
★ 杉で仕掛ける/第25回 海野洋光 (木材コンシェルジュ)
★ スギと文学/その20 『古都』 川端康成 石田紀佳 (フリーランスキュレータ)
★ スギダラな人々探訪/第41回 千代田健一(デザイナー)
★ スギダラな一生/第29笑 若杉浩一 (デザイナー)
★ 日南飫肥杉大作戦を間近に控えて 南雲勝志 (デザイナー)
★ 今月の各地のスギダラ  
★ 編集後記とあとがき
ーーーーーーーーーーーー

んで、もう今週末だけど、

スギやねん、関西 : 吉野林業体感ツアー&にっぽんの木の文化を語るフォーラム2009in吉野、  11月14~15日開催!

が開かれます!!
僕はガチで時間があまりないんですが、なんとか合間をぬって14日のフォーラムだけでも参加する予定です。

志のある人は吉野に集ってね!


でで、月刊杉なんだけど、吉野で“にっぽんの木の文化”を語ろう!で石橋さんが書いている吉野材に関することは本当に切実な問題で、このツアー、フォーラムを通して少しでも吉野が動き出せば、と思います。


ちなみに石橋さんは老舗製材所の若旦那でして、彼が中心となって動いていることは非常に心強いです。

あ、文章の最後の写真。
懐かしいですね〜。
ここから「月刊杉」は始まったし、スギダラとの出会いを経て、僕の出来杉計画もスタートしたんですよ。
(出来杉計画はアイディアとしてはあったけど、まだ始めてなくてスギダラに触発されて始めたんです)


そして、次の今を生きる山守の想いを書いている中井さんは右サイドバー「山仲間」でリンクしている中神木材の代表で大変お世話になっている僕も良く知る人です。

ここに書いてある平成10年の7号台風。
これが本当に吉野に壊滅的なダメージを与えたんです。
このとき吉野林業は一つの転換点を迎えたんですが、実はこの時、吉野に一人の人物が降り立っているんですよね。
ま、俺なんだけど。

僕は吉野がどんどん落ちてボロボロになっていく過程しか知らなくて、それが本当に悔しいんです。
世界に冠たる吉野材が吉野林業がこんな状態なんて許せない!

僕の出来杉計画なんてなんにもならないかもしれないけれど、ちょっとでも違う風を吉野に、吉野から吹かす事が出来たら良いと思って続けてます。


今度のスギダラツアー、フォーラム。
いったいどんな動きを吉野にもたらすのだろう。

あなたもぜひ目撃者となって下さい!


|

« カービングショーの音楽 | トップページ | 地元高校でのチェンソーアート授業 »

スギダラの話題」カテゴリの記事

コメント

先日はチビさん達に素敵なもの作って頂いて
ありがとうございます
(二つも作って頂いて 恐縮です)

でも 出来杉さん一家と過ごすことが出来て
楽しかったです

すぎ関 私も参加します
もちろん 日帰りですが…

また 出来杉さん一家に会えたらうれしいです

投稿: さとちゃん | 2009/11/09 21:13

さとちゃん、先日はこちらこそありがとうございます。

スギダラは夜の「フォーラム」の方が実は重要だったりするんですが、僕も日帰りです〜(´・ω・`)ショボーン

妻も顔を出すっていってたんで、2週連続ですね〜。

チェンソーは実は僕の練習も兼ねていたんで、こちらも良かったです。
10分くらいでチャチャッと作ってお客さんにプレゼントできたらいいなあ、とおもっているんです。

投稿: でき杉 | 2009/11/10 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/46719563

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊杉51号、発刊!:

« カービングショーの音楽 | トップページ | 地元高校でのチェンソーアート授業 »