« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

東栄大会2009(1)(2009/6/2加筆訂正)

今年も家族3人でチェンソーアートの東栄大会を観戦に行ってきました。
家族3人とても楽しい時間を過ごす事ができ、帰りの車中も会話が弾みました。

旧知のカーバーさん達との短い時間ではありますが、交流を楽しむ事ができ、またそのご家族との出会いも非常に楽しいものでした。
やっぱり、こういうことがあるからチェンソーアートの大会って止められないんだな〜と、改めて思った次第です。

大会スタッフ、全国のカーバーさんたちに改めて感謝です。


で、多くの方は大会の結果やその作品を知りたいと思うのですが、僕はメインの結果が発表される前に東栄を発ってしまったので、結果はまだわかりません。
作品の写真やレポートはまた明日以降に僕と妻で行いたいと思います。


そこで、今日はどうしても書いておきたい事を書きます。

これを書く事によって気分を害される人もいるかもしれませんし、またいろいろな意見が出る事を承知で書こうと思います。

こう言ったことはブログのようなオープンな場では伏せておいて、内々で語り継ぐものなのかもしれません。

「大会に参加もせず見学だけしている人間が何を言うのか」

もちろん、僕はなにか言えるような立場の人間ではありませんが、これは書いておかないといけないと思っています。

今年の東栄の大会でチェンソーのキックバックによる事故が起き、カーバーさん(本人)がケガをされました。

実は、これは昨年に引き続き2度目です。

昨年、今年と僕の知る限りケガをされたお二人は経験豊富なカーバーです。
チェンソーの危険性を十分に分かっている人達が、大会ということで限界のところで勝負するため、事故を引き起こしてしまう。

つまり、本人の不注意というよりも誰にでも起こりうる事なのだと思います。


その事故の原因はやはりノーマルバー(カービングバーではなくて)を使っていたことなのでしょう。
ブロックカットの時間短縮のため、大排気量のチェンソーで最初攻めていくのですが、そういったチェンソーは普通ノーマルバーを付けていますから、それで勝負して行った時に事故が起きてしまった。

ーーーーーーーーーーーーーー
(2009/6/2加筆)

今回の事故の正式発表が大会本部から出されました。

チェーンソーアート競技大会IN東栄2009(事故報告)【マスターズ オブ ザ チェーンソー東栄】

使用していたバーはノーマルではなくカービングバーであるとのことです。
僕も実際に事故の起きたチェンソーを見ているのですが、いわゆる先端の細いカービングバーというよりは、ノーマルの少し細くなっているタイプとの認識でしたので、このような書き方になりました。

また原因はキックバックによるものではなく、通常使用による事故ということです。

僕の今回の書き込みは、直接現場を見たわけではなく、現場にいた人と関係者のお二人から確認をとって書いたのですが、どうやらそれは謝りであり完全に僕のミスでありました。

大会関係者、参加カーバーさん、ならびに事故にあったご本人さまに、お騒がせしました事を深くお詫びします。


ただ、今回僕がこのように書いた事によって、本部からの正式発表が行われたように思います。
昨年の大会時の事故についても今回詳細に語られています。

このような事例を積み重ねてゆき(本当は事例はない方が良いのですが)、安全をより求めていかねばならないと考えます。

ーーーーーーーーーーーーーー

つまり、
ノーマルバーを使っている限りはどんな熟練者でもキックバックを起こしてしまう事がある。
そして、それが事故につながることがある。
それをなくすためには、
チェンソーアート大会ではノーマルバーの使用を禁止するのが事故を防ぐ一番の手だてだと思います。


ーーーーーーーーーーー
(2009/6/2加筆)

今回の事故はノーマルバーを使用しておらず、またそのためキックバックによるものでもないという本部の発表がありました。

なので、僕が書いた文章は今回は的が外れておりますが、やはりカーバー自身、また業界としてもう一度、チェンソーの危険性について考えて欲しいと思います。
ーーーーーーーーーーーー

実際に2年連続で事故は起きています。
そして全国でチェンソーアート大会はこれからも開かれ続けます。
早急に手を打つべきだと考えますが、どうでしょうか?
これまで全然起きていなかった事故がたまたま続いただけかもしれませんが、もうこれ以上起こしてならないことですよね。

たしかに僕だって、ノーマルバーが使えなくなったらチェンソーの構成を変えないといけなくなるので出費もかさむし、正直きついです。
でも、やっぱりチェンソーアートは危険だというイメージはなくすようにカーバーが業界が努力していかないと、将来はないですよね。


また、ぜひとも東栄の大会本部の方々には勇気を持って事故の詳細を公表して欲しいです。
事故から学び、もう二度とそのような事故は起こさないようにしていかないといけないと思うからです。

こんな小さな個人ブログで書いてもなんにもならないかもしれません。
これを読んでくれたカーバーの皆さん、大会関係者の皆さん、一度考えてみてくれませんか?

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2009/05/29

東栄大会いきます!

いよいよ明日あさってに迫ったチェンソーアート東栄大会。
今年も見に行きます!

「見に行くんだったら出ろ!」と関係者の人に怒られそうですが、のんびり大会を楽しんできたいと思います!

今回はメイン以外の作品も写真をいっぱい撮ってこようと思うので、次の更新を楽しみにしていてくださいね!

あとは天気さえ良ければなあ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/28

「ノギャル」かあ。

もうノギャルのことはご存知ですよね。

元ギャル社長・藤田志穂さんが「ノギャル」に-秋田で「イケてる農業」目指す - 秋田経済新聞

ノギャル?!|藤田志穂オフィシャルブログ

つまり、「ギャル」が秋田でコメ作りをして、それをシブヤ米として販売する、と。
なぜ秋田かと言うと、「渋谷駅前の『ハチ公』像のふるさとだから」。

僕がこのブログで取り上げているという事は、まあその、このノギャルの林業版が生まれないかな〜ってことなんですね。

「リ(ン)ギャル」って普通スギるか。

農業と同様にというかそれ以上に高齢化が進んで人手が足りないと言われている林業。
なぜギャルは林業ではなく農業に目が向いたのか。
まあ、色々あるだろうけど、もっと林業のピンチっぷりをマスコミなどでアピールする必要はありそうですよね。


国は緑の雇用などの取り組みをしているわけで、後は民間からノギャルみたいな面白い話題になるような動きが出て来たらいいですよね〜。
ここは一発、ギャルじゃなくてギャル男に山仕事してもらいますか!
「ハチ公のふるさとの山を守るために秋田杉の手入れをしに来ました!」みたいな。


まあ、とにかくノギャルの活動がずっと続く事を期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

足縄を使った木登りの解説

足縄を使った木登りについて意外と知られていないように思ったので、その解説動画を作ってみました。
これでも分かりづらいと思うのですが、質問ありましたらコメントして下さい。


どうでしょうか?
最初は手で木の前後を挟み込むよりも、腕で木を挟む方がうまくロック出来ると思います。
慣れたら手で前後を挟む方が、木と身体の間がより広くなって速く楽に登れるようになります。
手袋はグリップの良いものの方が当然登りやすいです。


足縄の大きさはどんな木の太さでもあまり変えませんが、細い木(20センチ以下くらいかな?)に登る時は小さくしたほうがいいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/05/26

林業の木登り(09年9月2日訂正追記)

林業の木登りといえば、ぶり縄が有名ですが、ここ吉野にはその技は伝わっていません。
僕が知らないだけかもしれないけど、少なくとも周りでは聞いた事がないんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(09年9月2日訂正追記)
これは本当に僕が知らなかっただけでして、吉野ではブリ縄のことを「カルコ」と呼び、その技術は同じものでした。

僕ももちろんカルコは知っていたのですが、現在では小さいアルミのステップを「カルコ」と呼んでおり、それが以前は木の棒とロープを指していたということを知らなかったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

いつかぶり縄について、自分のためにもまとめたいな〜と思っています。




さて、僕たちが木に登る時は「足縄」で登ります。
あらかじめ木に登ることがわかっている場合は梯子を持っていったりするんすが、仕事の状況によっては、用意なしにどうしても登らないといけない時があります。
そんな時、適当なロープを足にまいて木をしっかりとグリップできるようにして登ります。
まあ、百聞は一見に如かずなので、こちらを。

子どもの声が入ってしまいましたが、まあこんな感じです。
手は左手を木の向こう側の上方に、右手を木のこちら側の胸の前あたりに置いて木を挟み込んでいます。


次に、木が太くて手が回せない場合ですが、これは手にも縄を使います。
これも動画で。

こんな感じで枝のあるところまで登っていくわけです。


足縄を使った登り方は、結構疲れる登り方であることは事実ですね。

他所の地域の人達はどんな登り方をしているのかな〜。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/05/24

ニコニコ動画の人間国宝

もうすでにチェンソーアート業界では有名なのかもしれませんが、最近の業界事情についてほとんど関心を払っていなかったため気付くのが遅れました。

ニコニコ動画にチェンソーアートの神が降臨してたんですね。


神の活動をまとめたブログがあります。
ジェイソンさんともっころいど

こんな芸当ができるのは日本にただ一人あのお方しかいないと思うのですが、いつまでも正体は分からない方が面白いので書かずにおきます。


それにしてもこのチーム(人間国宝ことジェイソンさん、管理人さん、うp主さん達の仲間)は本当にいい仕事をしますね!

チェンソーアートの大会はいまでも各地で開かれているけど、こういうのには出て欲しくないな〜。
ジェイソンさんたちはもっと大きい事をしているような気がするもの。
作品ももちろんだけど、動画の完成度も高いし、ネタも面白い。
まさにアート、芸術活動だと思う。

ああ、本当に素晴らしい!
まさしくチェンソーカービングじゃなくてチェンソーアート。

もちろん普通のカービングはダメとかそういうことではなく、ジェイソンさん達のカービングからニコ動にうpするという一連の活動に素晴らしく感動しているわけです。(動画職人さんも神!!)


感動ついでに筆を滑らすと、
日本のチェンソーアートも技術的には世界と同レベルまできてると思う。
でもやっぱり芸術というか、作品からにじみ出るものはなんか違うな〜って思ってて。
(もちろん僕もカーバーの端くれだから、その「なにか」を彫らなきゃいけないって思ってるんだけど)

そこで、今回のジェイソンさんたちの活動ですよ。
完全に世界と対等に戦えるもんね。
つーか勝ってる。
いや、「世界」なんて書いてもそんなに僕も詳しくないし、言える立場じゃないけどさ。
とにもかくにも、アッパレです。


ニコ動のコメントで「テレビチャンピオンに出たら優勝!」みたいなのがあったけど、まあそれは置いといて、テレビ番組とか大会とかに出ずに、このままの路線で世界を制して欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/21

でき杉講師?

先日、兵庫県内のある森林組合さんから連絡があり、ナント!講演の依頼を受けました。


僕が紹介された林業新知識を見ての連絡でした。

林業新知識に載りました

間伐時のロープ使用について


いや〜、こういうことってあるんですね。
「どうして俺?」って思ったけど、正直こういうのは嫌いじゃないので、もちろん引き受けさせて頂きました!

森林組合の従業員さん(約80名もいるんだって!!)にたいしての講演になるので、なるべく身近な話題で興味を持ってくれるように頑張りたいと思います。
講演時間はたっぷりあるようなので、いろいろ出来るから今から楽しみ!


講演は7月。
またなにか動きがあれば、ブログで報告します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/19

チェーンソー取扱作業指導員

実は僕、チェーンソー取扱作業指導員というのをやっていまして、これはチェンソーの使い方を指導するというよりは、チェンソーなどによる振動病対策を指導するというものです。


んで、今日これの再任手続きのために、奈良市の労働局に行って来たんですね。
労働局にはハローワークが併設されているんだけど、リアルに人がごった返していて、「わ〜、テレビでやってることってホントなんだ!」。

男性が多くて、20歳〜50歳くらいまで幅広い年齢層の方々がもうわんさか。
あと、マスクしている人もほんと多かった。

普段山の中の生活なんで、街場に出ると現実の世界を知り軽い驚きの連続です。


あ、そうそうこのチェーンソー取扱作業指導についてですが、やっぱり今でも減っては来ているものの振動病の患者さんは発生しているんですね。

若い人にはあまりいないと思うんですが、長年チェンソーを使い続けていると、とくに古いチェンソーは振動がきつかったですから、蓄積されていくのか発症することがあるようです。



僕がチェンソーアートの実演にいくと、お客さんから必ずと言っていいほど聞かれるのが、この振動病についてです。

「兄ちゃん、大丈夫か?」
「いまは大丈夫でも年をとってから危ないんじゃないか?」

もちろん、何十年後のことはわかりませんが、とにかく自分が振動病にならないように気をつけています。

長時間の連続使用をしない
規定の一日2時間以内っていうのはちょっと難しいけれど、連続使用時間はなるべく短くなるようにしています。

良い道具(チェンソーや手袋など)を使う
チェンソーの振動加速度をチェックするのはもちろんですが、実際の使用感と振動加速度の数字に違いがある機種があるように思います。
周りの人や信頼のおける機械屋さんの意見を参考にして良い道具を使いたいものです。

目立て、点検をおこたらない
良い道具を使っても点検不良や目立てができてなかったら使えないですもんね。

身体を冷やさない
僕は真冬以外はバイク通勤なんです。
冷え込んだ時は防寒をしっかりして、仕事前には火に当たるようにしています。

あとは、なるべく準備体操(ストレッチ)も行うようにしています。


健康で長く楽しくチェンソーライフを過ごしていきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/17

スクールコンペ09

今日は一日雨の予報が見事に外れて、午前中は晴れ間も覗く天気に!
コンペの終わりになって雨が降り出したけれど、不思議とスクールの日はこういう事が多いね。


去年に引き続いてのスクールコンペ。
どんな作品が出てくるのか楽しみです!
Rimg0031
いや〜、みなさん上手になりました!
チェンソーなんて触った事がない人たちばかりだったのに、頭の中にあるイメージをちゃんとチェンソーだけで立体化していく。
うれしいです!!

そして3時間半後。
Rimg0035お見事!
みなさん、お疲れさまでした!


風邪を引いてフラフラになりながらも、
校長特別賞Rimg0030を作ってくれた福本校長はじめスタッフの皆さんもお疲れでした。
参加人数や問い合わせも増えてきました。
これからもスクール頑張っていきましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

「山村再生プラン募集」

吉野チェンソーアートスクールを始めるにあたって、まずは施設を作る事からスタートしました。
土地の造成をして、屋根付きの会場を作り、事務所、トイレを設置、電気、水道を引いて、、、
次に、もちろんチェンソーや安全装備も必要なので揃えていきました。
そして、それらを収める倉庫、他にも何やらかにやらいろいろと必要です。

僕たちはヤル気に満ち満ちていましたが、ない袖は振れないので、必要資金の一部「山村再生プラン」を利用しました。
その募集が今年もあるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

■山村再生プラン募集(助成事業のご案内)■

 魅力ある山村づくりの取り組みを支援するため、社団法人日本森林技術協会では、自然・文化・伝統など、山村特有の資源を活かした山村活性化のためのプランを募集しています。
(平成21年度林野庁補助事業「山村再生総合対策事業」)
 募集するプランのタイプは5つで、第三者委員会において選定された優良プランに対して、取り組みに必要な経費の一部を助成します。環境、教育、健康など、様々な分野に着目したプランのご応募をお待ちしています。
http://www.sanson-saisei.com/subsidy/data/leaf.pdf

◆募集するプラン
 山村活性化のためのプランとして、次の5つのタイプのプランを募集します。
 (1)ビジネスタイプ:山村の資源を活かした新たなビジネスの創出
 (2)交流タイプ:都市と山村の共生・対流
 (3)コミュニティタイプ:山村コミュニティの維持・再生
 (4)複合タイプ:(1)〜(3)を組み合わせた複合的な取り組み
 (5)環境、教育、健康の3分野に着目したモデル的な取り組み
◆支援内容
 ・計画づくり(助成率:定額、上限200万円)
 ・試行的実施(助成率:2分の1以内)
 ・評価   (助成率:2分の1以内)
 ※アドバイザーの派遣(プランの実現を支援するため専門家を派遣します)
◆応募できる方々
 NPO法人、任意団体、森林組合・JAなどの各団体、企業、第三セクター、地方公共団体など(個人を除く)
◆応募期間
 平成21年5月7日〜7月31日
 (第1回締切6月30日(火)、第2回締切7月31日(金))
 ※支援額の見込みが予算に達した場合、最終(第2回)締切の前でも受付を中止します。
◆説明会・相談会(山村再生セミナー)
 山村再生プラン助成金募集の説明会・相談会を全国4都市で開催します
 〔5/22(金)大阪、5/28(木)仙台、6/2(火)東京、6/5(金)福岡〕。
 http://www.sanson-saisei.com/subsidy/seminar.html
 参加を申し込まれる方は、「山村再生セミナー参加申込書」をメールまたはFAXにて山村再生事務局宛にお送り下さい。参加定員は各会場とも説明会100名、相談会20組で申し込み受付の先着順とし、定員に達し次第締め切らせて頂きます。
 http://www.sanson-saisei.com/subsidy/data/moushikomisyo.doc

詳しい内容、応募方法、応募書類の様式については、下記ホームページをご覧下さい。
 http://www.sanson-saisei.com/subsidy/
皆様からのご応募をお待ちしています。

担当:社団法人日本森林技術協会 山村再生事務局
   電話:03-3261-6683 FAX:03-3261-3840 E-mail:saisei@jafta.or.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

ヤル気はあるのに、背中を押してくれるものがない人。
ぜひとも有効利用して、山村の魅力を咲かせてくださ〜い!!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

コンペ09のトロフィー

今週末に吉野チェンソーアートスクールでスクール内コンペをやります。
吉野チェンソーアート倶楽部

なので、そのトロフィーを作りました。
Cimg5578
使っている塗料はいつものインウッド。色はシエラです。

話変わるけど、今作品に塗る塗料について調べてて今度実体験も交えてまとめる予定です。

んで、
トロフィー目指してコンペ参加者の皆さんには存分に腕を振るってもらいたいと思います!

5/17当日は14時半から僕が簡単な実演を行いますので、コンペと合わせて興味のある人はぜひ見に来て下さいね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/12

ハリネズミ

ハリネズミを彫ってみました。
針の部分はどうやって表現しようか?と思いつつやってみたんだけど、どうだろう?
もっと針っぽく表現出来るような気もするんだけど。
Rimg0009 この後、針の部分を軽くバーニングする予定。

こんな感じでいかがでしょうか?


ちなみに、今回彫るにあたって参考にしたサイトは

Hedgies, Hedgies, Hedgies!
ハリネズミ、めちゃくちゃかわいいよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/09

月刊杉45号 発刊!

今月も出ました月刊杉WEB版45号です。

早速目次を
ーーーーーー
45号 目次
特 集
日向市のまちづくりと、プロジェクト本「新・日向市駅」発刊!
★ 日向本「新・日向市駅」発刊!    篠原 修 (土木設計家/政策大学院大学教授)
★ 日向プロジェクトと繋がるスギダラの精神 吉武哲信 (宮崎大学准教授)
★ 宙(そら)に浮く駅舎    井上康志 (宮崎県)
★ 『鉄鼠の檻』のごとく 小野寺 康 (都市設計家)
★ 「新・日向市駅」編集後記 辻 喜彦 (アトリエ74建築都市計画研究所)
★ 出版担当者からみた「新・日向市駅」     大塚由希子 (彰国社)
★ 「新・日向市駅」の案内と読者プレゼント      
連 載
★ 杉という木材の建築構造への技術利用/第3回 田原 賢
★ いろいろな樹木とその利用/第9回 「アケビ」 岩井淳治
★ 東京の杉を考える/第32話 「日本をふらふらと」    萩原 修
★ 杉で仕掛ける/第20回     海野洋光
★ スギと文学/その15 『微光のなかの宇宙』 司馬遼太郎 石田紀佳
★ あきた杉歳時記/第32回     菅原香織
★ 吉野杉をハラオシしよう!/第32回     石橋輝一
★ スギダラな人々/第38回 (株)ソーケン 「木の再生プロジェクト」     千代田健

★ スギダラな一生/第23笑 「ここから始まった」     若杉浩一
★ 祝!スギダラ仙人     南雲勝志
返 信
★ 先月号で質問をお寄せいただいた松井さんへ      

応募締切迫る!
★ 杉コレクション2009 in日南      
★ 今月の各地のスギダラ
★ 編集後記とあとがき

ーーーーーーーーー

今月の気になる記事は祝!スギダラ仙人ですね。
なんとスギダラ会員が1000人突破!
僕の会員番号が64番だから、スギダラの中では古株ですね〜。

これまで縁のなかった人たちがスギを介してどんどんつながっていっている。
それも凄いスピードで。
何かが動き出していることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

第2回「WARIBASHI コンペ」

今日も雨ということで、朝から更新です。
GW前半はしっかり働けたのに、ここにきて雨続き。
今月は(お金的に)厳しくなりそーだな〜(。>0<。)


というわけで、以前書いたエントリーに→出来杉計画 : 割り箸はもったいない?
こんなコメントを頂きました。

お久しぶりですが、第2回の「WARIBASHI コンペ」を始めました。
この欄でも、紹介して頂くと助かります。
 
ニュースは、以下のサイトで御覧頂けます。
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20090505-OYO8T00389.htm

ん〜、素晴らしい!


ちょっとニュースサイトからの引用を。

コンペは、実行委員長を務める高桑進・京都女子大教授が発案。自身もマイはし派だったが、2年前に奈良・吉野を訪ね、杉の端材で割りばしを製造しているの を知ったことが、国産割りばしの普及を考えるきっかけになった。「国産の端材を使うことで資源の無駄を省けるだけでなく、林業の収益にもつながる。日本の 割りばしが環境破壊を招く、というイメージを改善したい」とする。


僕、この出来杉計画で「吉野のお箸は製材した後の端材からできている」ってこと、書いてましたっけ?
「はしばし」に触れてはいたと思うんだけど、ちゃんと書いてたかな〜?

僕自身、数年前から吉野杉のお箸を出来杉計画ブランドで制作していまして、これまでに試作品を配ったり試しでちょっと販売したりしてました。

だんだん形が定まって来たので、僕もこのコンペ応募してみようかな〜って思ってます!
詳しい応募要項がまだわかってないから断言はできないけどね。


このブログ読んでる興味のある方もぜひコンペ参加してみませんか?
そこのマイ箸派のあなたもぜひ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/05/05

こどもの日

今日はこどもの日。
Rimg0007カシワモーチ、ドゾー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/03

スゴイぞ!『ゼロからわかるチェーンソーカービング』

本日2回目のエントリーです!!
書かずにはいられません。

やっと出ました!

想像以上の出来です!!マジで。
とにかくカラー写真が多い!
カーバーさんの素晴らしい作品がよ〜くわかります。
白黒じゃこうはいかないでしょう。
登場しているカーバーも凄腕ばかりだからその作品もほんとスゴイです!

これが一般書店に並ばないなんて、ほんともったいない!
(超大型書店には並ぶみたい。書店で注文はできます)

ーーーーーーーー
注)全林協の本は一般書店には並びません。

購入方法をヘルプ|社団法人 全国林業改良普及協から引用します。

弊会の出版物をご購入いただくには、以下のいずれかの方法でご注文下さい。

  1. 各都道府県の協会へ、FAX・電話等で
  2. 弊会の インターネットショップ 「森の書店」
  3. 弊会へFAXで (商品名、数量、お名前、電話番号、発送先住所を明記の上、03-3583-8465へ。申込み書(エクセル)もご活用下さい)
  4. 弊会事務所内、「書籍販売コーナー」で
  5. Amazon
  6. ジュンク堂 ほか大型書店の店頭で (書籍の有無を直接お問い合わせ下さい)
  7. 書店へISBN番号で注文 (取り扱いがない書店もあります)

ーーーーーーーーーーーー

 

その内容は充実しまくり!!

内容を紹介しますと、
まず、ブライアン・ルース氏、城所ケイジさんのインタビューから始まり、8名の凄腕カーバーの作品とその心。

そして、カーバーになりたい人向けに必要な装備の紹介、講習会の案内とレポ(吉野チェンソーアート倶楽部の福本校長が登場!)、全国のチェンソーアートクラブの紹介、さらに去年の東栄大会に参加された方の写真がカラーで!

これだけでも盛りだくさんなのに、お次は「女性から見たカービング」として3人が取り上げられており、その内一人はわが妻ますますね杉が「カーバーの夫をもつ妻の視点」と題して書いております。

その次が、大会出場、カービングショーについてまとめられており、この章で僕も「チェーンソーカービングは魅せる林業です」を書いてます。

次の章では、カービングの材料である木材についてまとめられており、ここでも福本校長が実際に山で杉を伐って、その流通を語っております。

最後に、これがなくちゃ始まらない、チェーンソーについて構造、カタログ、メンテナンスまでまとめられております。

さらに、詳しい内容を知りたい人はゼロからわかる チェーンソーカービング|全国林業改良普及協会を見て下さい。



この内容を見て分かったと思いますが、これは技術書ではありません。
もちろん、カーバーさんの作品をみて参考に出来ますが、それは結果としてそうなっているだけです。
それでもチェンソーカービング、チェンソーアートに興味のある人にとっては必携となりそうです。

とにかく素晴らしい本になりました。
執筆に協力してくれた全国のカーバーさん、クラブの皆様、また編集に携わった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ツリーワーク用具の購入(海外通販、個人輸入)

ツリーワーク道具を海外通販で購入したので、その顛末をまとめたいと思います。
国内でももちろん買えますが、

ツリークライミング ギア ショップ
ツリーギアショップ  happytree

購入を検討した際、円高傾向にあったのと国内では品切れもあったので個人輸入する事にしました。


1、購入したもの
基本はアーボリカルチャー研修会のお知らせで書いてあるものや、
そまびとたちの奮闘記、また友人の意見を参考にしました。

購入はサイドバーにリンクもしているwesspurにて。
ーーーーーーーーーーーーー
◯CARABINER, PADDLE ALUM BENT GATE NON-LOCKER (x2)
◯CARABINER, ALUM TRI-ACT AMD AUTO (x6)
◯PRUSIK LANYARD, ICE TAIL
◯PRUSIK LANYARD, 3/8" TENEX
◯SPLIT TAIL, 4' 16 STRAND HI-VISIBILITY
◯DESCENDER, FIGURE 8 STD ALUMINUM
◯ASCENDER, PETZL PANTIN RIGHT FOOT
◯SNAP, SMALL BRASS SWIVEL EYE (x2)
◯MICROPULLEY, CMI MICRO SNATCH (x2)
◯THROW WEIGHT, 12OZ (x2)
◯THROW WEIGHT, 10OZ
◯THROW LINE KIT, ZING-IT 1.75MM W/ 10OZ WEIGHT
◯FRICTION SAVER, 48" ALUMINUM RINGS
◯ROPE CLIP, ALUM DBL LOCKING RED (x2)
◯SADDLE, DELUXE MASTER MED
◯ROPE, VELOCITY HOT 150
◯BAG, ROPE MD FITS 150' 1/2" LINE

◯KIT, FALSE CROTCH RIGGING 2
◯PORTABLE WINCH

◯DVD ARBORMASTER IV: ART & SCI RIGGING

ーーーーーーーーーーーーー
購入して思ったんだけど、PRUSIK LANYARDとSPLIT TAILの使い分けがよく分からなかったりします(汗)。

上記を見て分かる人は分かると思うんですが、登高はスプリットテールでのDRT(この表記でいいのかな)、ランヤードは2in1を自作します。


2、安全安心で購入しようと思いペイパルに登録
これは人それぞれでしょうね。
ペイパルの利点はカード番号を相手に知らせずに買い物できることです。
また僕の場合は額が大きかったのでペイパルの枠を拡大しました。


そしてwesspurで商品をカートにいれて、さあ決済!となったら注文が通りません。
ペイパルの枠を拡大した認証が済んでないのかと数日空けてもう一度やってみたんですが、やはり通らない。
どうやらクレジットカード会社で止められているらしいことがわかったので、カード会社に連絡。

すると、
「普段とまったく違うカードの使われ方をしたので、事故を未然に防ぐために決済を許可しませんでした」とのこと。
(カードの利用枠は大丈夫でした)

事情を説明したところ、時間限定で決済可能にしてくれたので、再度wesspurに。
やっと無事購入でき、ほっと一安心でした。

ーーーーーーーーーー
注)ちなみに最後に郵送方法を尋ねてきますが、僕は「オススメです」と書いてある「international priority mail」にしました。
ーーーーーーーーーー


が、いつまでたってもメールの音沙汰がない。
普通はすぐに
「Your order no.xxxxxx has been received」
というメールがくるはずなんですが、いっこうに来ません。
ペイパルからは決済完了の知らせが来ているので注文は通っているはずなんですが???
5、6日過ぎたあたりから、さすがに焦って来てwesspurに問い合わせ。
このとき 個人輸入情報 ジェトロが役に立ちました。

ーーーーーーーー
注)問い合わせの際のメールのタイトルは以下のようにしました。
送り先は、weborders@wesspur.com

「About my order」
「About my order no. xxxxxx」
もしくは相手からのメールにレスする形で
「Re: WesSpur Tree Equipment, Inc.: Sales Order #xxxxxx」
ーーーーーーーー

一ついうと、「もしかしたら通知のメールを削除した可能性もあるのではないか?」と思って
(プライベートメアドにはスパムが100通くらい来るので)、さかのぼって調べましたがそうではなかったです。

wesspurからはすぐに
「back ordered itemがあって遅くなってるんだ。遅れちゃってゴメン。x月x日に送るよ」
とのメールが来て一安心。

そしてその予定日に
「Your order no.xxxxx has been fulfilled.」という連絡がきてもう大丈夫!
(と、この時は思っていた)


2”、実はこの注文の際、決済出来なかった注文もwesspurには通っていたようで、後日
「 Your order no.xxxxx has been canceled.」
というメールが来ました。
なんだかよくわからないけど、二重注文にならず、まあ良かったです。


3、荷物が国内に届いたと通関から郵便が送られてきました
「荷物の価格が20万円を超えているみたいなので、輸出入申告して下さい」とのことです。

国際郵便 - 日本郵便

早速wesspurからのメールをプリントアウトしたり資料を作って返送。
数日後、税関から電話がかかって来て
「インボイスがないから送ってくれ」とのこと。
「いや、送りましたよ」
結局電話で何度もやり取りして、商品を一つ一つ説明。
関税の計算をするのに必要なようです。

さらに数日後、関税、消費税額が出たと通知が来たので(faxでした)、郵便局のATMで「Pay-easy」を使い支払い。


4、最初の注文から約一月、やっと荷物がとどきました!!わーい。
で、

あ〜もう゚゚(´O`)°゚゚

なんとかなった?

ついにコンプリート


となります。


今回のこの買い物については一人の友人の協力なくしてはできませんでした。
本当に彼には助けられました。
Kさんありがとね!

ブログの読者の皆さんはこのエントリーを参考にして僕のようにならないで下さいね!


これであなたも安心!
wesspurでの買い物の流れ
<まとめ>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何を買うか決める

→(ペイパル登録<枠拡大>)

→カードで購入
郵送方法は「international priority mail」で。

「Your order no.xxxxxx has been received.」

というメールが届き、次に

「Your order no.xxxxx has been fulfilled.」

というメールが届くはずです。

このメールの後はなにもないですが、尋ねれば荷物番号を教えてくれます。
この番号を使って、USPSのサイトで荷物追跡できます。
荷物が国内に入ったら、郵便局のサイト内、「EMS追跡」で同様に追跡できますよ。

荷物が国内に入って来て、税関で一時ストップします。
20万オーバーの荷物なら申告が必要、関税が計算され振込ます。
20万以下なら申告はなしで、関税は荷物受け取り時に配達員に支払います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<英語参考サイト>

個人輸入情報 ジェトロ

Cross Translation:横断翻訳(英語)

この2つでたいがい行けると思いますが、ほかにも良いサイトがあったら教えて下さい!


| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »