« 森林の仕事ガイダンス09凄いぞ。 | トップページ | チェンソーアートスクールの報告08/11 »

2008/11/21

便利な100円グッズ

今日の山仕事は標高1000〜1100mでの仕事だったんだけど、この前降った雪が普通に残ってるわ、今日の降った雨が現場では雪だわで、紅葉気分をすっとばしていきなり冬です。

たき火の近くに行きスギて長靴に付けていたカバーがとけてしまいました。
長靴にゴミが入るからつけてるんだけど、これすぐにひっかかたりしてやぶけるし、便利なんだけど耐久性がないんだよね〜。
長靴にゴミが入らないようになにか工夫している人いるかしら。


って、今日は山の事じゃなくてチェンソーアートの事書くんです。
んと、作業現場で重宝しているものがあって、それがImg_7405
なんだけど、これ100均で買ったちょっとしっかりしたブラシね。
どんな時使うかと言うと、燃料入れる時にこのブラシでキャップの周りを掃除します。
あと、作品に木屑がたまるのでそれをこれで掃除してます。
完成後もこれでパッパッとはらってから、家で作品を水洗いすれば、コンプレッサーがいりません。

あ、作品は油汚れを落とす洗剤を付けて洗ってます。
これでバイオオイルによるカビの心配が少なくなります。(完全になくなるわけではない)


このブラシと以前紹介した磁石付きのレベルは、絶対必要ってわけじゃないけど、あるとなかなか便利ですよ〜。


と、今日はこんな感じです。

|

« 森林の仕事ガイダンス09凄いぞ。 | トップページ | チェンソーアートスクールの報告08/11 »

チェーンソーアート(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

こちらの現場は日中も氷点下、吹雪の中作業してます。雪が融けないので濡れません。
長靴のカバーは帆布製の丈夫なものを使用していて、穴があいたりすることは皆無です。
ゴミ進入防止としては、長靴の上にヤッケズボン(あんまり動かないオペの時は防寒オーバーズボン)、その上に防雪カバーという具合に重ねているので、長靴の中には雪やゴミの進入も全くありません。

投稿: だん | 2008/11/22 00:38

だんさん、どうも!
やっぱり信州は寒いですね〜。
冷え性の僕じゃ着込みスギて動けないかも。

>長靴のカバーは帆布製の

ゲートルみたいなものかしら。
僕は次はゲートルを試してみようと思っているのです。


ヤッケズボンをはいてそれで塞いでさらにカバーとはさすがだんさん。

防寒オーバーズボンで長靴を塞ぐのは僕もやってるけど、やっぱり汚れまくるのでそれが気になっていたんですよ。


参考になりました!

投稿: でき杉 | 2008/11/22 20:38

防雪カバーはチューブ状で、上部をヒモでしばるようになっています。
ちょうど新知識掲載の写真に写っているので見てください。長靴とカバーの間にヤッケズボンの裾を押し込むようにしてはいています。ちなみに長靴の中はネオプレーンソックスです。

投稿: だん | 2008/11/22 22:59

だんさん、ありがと〜。

防雪カバーはこっちでは見た事無いですね。
これまで気にしてなかっただけかな〜。

そういえば、昨冬はwoodsmanの書き込みを見て僕もネオプレーンソックスにしてました。

この辺の冬装備もブログのネタにしてみようかな〜。

投稿: でき杉 | 2008/11/23 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/43184186

この記事へのトラックバック一覧です: 便利な100円グッズ:

« 森林の仕事ガイダンス09凄いぞ。 | トップページ | チェンソーアートスクールの報告08/11 »