« でき杉先生7! | トップページ | キハダ »

2008/03/17

伐倒の技術

この土日吉野チェンソーアートスクールの講習がありました。

スクールの参加者はそのほとんどがチェンソーを初めて使う人で、経験者はほとんどいないです。
ましてや山仕事をしている人は本当に少ない。
余裕がないんでしょうね。
僕も山仕事をしながらのチェンソーアートは本当に大変ですから。


そんななか日曜日に和歌山からCさんが参加してくれました。
もちろん山いきさんです。

Cさんと間伐の話をしていたんですが、僕から見て「ちょっと危険だな」と思うやり方があったので、別の伐り方を二人でいろいろ話したんですね。

伐倒の技術っていうと、受口を作って追い入れて倒すっていうことばっかりなんですよね。
現場でよく使う技術、便利な技術がまったく教えられていない。
なんででしょうね〜。


「伐木造木のチェンソーワーク」(右サイドバーの「出来杉店!」にあります)っていういい本もあるけど、やっぱり使える技術がきちんと広まらないと、なかなか林業も魅力のある仕事にならないよな〜、って思ったりして。

いま、四万十方式の作業道の本を読んでるけど、この本はなかなか面白いです。
(読み終えたら紹介しますね!)
ってなにを書いてるか分からなくなりましたが、僕自身山の技術に飢えてるって感じなんです、はい。


banner_03_thumb応援クリックよろしくね!

|

« でき杉先生7! | トップページ | キハダ »

林業(チェンソー)」カテゴリの記事

コメント

これならできる・・・  ですか?

投稿: 突然のM | 2008/03/18 08:53

突然のMさん、そうです。

農文協がこれを出すのはなかなかの英断ではないかと。
売れる売れないはあまり関係ないのかしら。

投稿: でき杉 | 2008/03/18 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/40539236

この記事へのトラックバック一覧です: 伐倒の技術:

« でき杉先生7! | トップページ | キハダ »