« 最近の作品 | トップページ | とにかく気をつけよう »

2007/12/06

目が覚めた

おととい一冊の本を読了しまして。
それがコレ。

このブログを読んでる人ならほとんどの方が知ってるでしょうね。
徳島県上勝町で「つまもの」の販売を手がける「彩(いろどり)」事業を手がけたあの人の著書です。


「彩」事業に対して「やあ、スゴイなあ。目の付けどころが違う。早いもの勝ちだよな、こういうのは」なんて思ってたんです。

でも、本を読んだら全然違った。
この人が完全に突き抜けてる人でした。
だってね、「つまもの」の勉強のために手取り15万くらいの給料すべてを料亭通いに使って、子どももいたのに家には一銭も入れてなかったという!
そして連日の料亭通いのせいで通風になったりして。

年間4000時間、毎日12時間以上働く。
農協の仕事を終えてから農家をまわり野菜を集めて市場へ運び、翌朝5時6時に市場の競りに立ち会ってから農協の仕事へ出勤する。

スゴイ。
や、その仕事量もスゴイけど、そうじゃなくてその熱意!
頭の中が仕事だらけって言うんじゃなくて、「どうしたら農家のためになるか、山村のためになるか」でしめられていて、それにもの凄いパワーと情熱が加わってこういう行動になる。

泣かせるのは、おっちゃんが一段落ついた「彩」から離れようと退職届を出したんですが、その翌日(たった一日)に農家全員(117人!)が「やめないで!」という嘆願書を書き、おっちゃんに渡したそうです。

「いろどり」はビジネスの仕組みが凄かったんじゃなくて、このおっちゃんが凄かったんだ!


ふう。
久々に魂にくる本を読んだ気がするよ。
目が覚めました。

*「いろどり」についてはその農家の方々を取り上げた写真集もあります。


banner_02_4_thumb応援クリックお願いします!

|

« 最近の作品 | トップページ | とにかく気をつけよう »

出来杉計画の出来事 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/17291742

この記事へのトラックバック一覧です: 目が覚めた:

« 最近の作品 | トップページ | とにかく気をつけよう »