« これまで以上に | トップページ | でき杉先生5! »

2007/12/11

でき杉先生4!

今日は雨なのでお休みです。
仕事はひも打ち(梯子を使わない枝打ち)だから出来ない事もないけど、奥山だし無理する事はないでしょう。


というわけで、ここ数日の出来事を。
まず、地元小学校でチェンソーアートの授業です。
小学生(5、6年生)が実際にチェンソーを使って作品を彫るという授業は日本初でしょうね。
世界中見回してもあまりないんじゃないかな。
子ども達には自信と誇りを持って欲しいね!


Img_5917子ども達にもチェンソーを使ってもらうので、安全対策はきちんと。
Img_5920 Img_5931

作品作りは吉野チェンソーアートスクールと同じで、説明して実際やってみせてからしてもらうというやり方で進めました。
もちろん難しいカットは僕がやり、安全にカットできるところを子ども達にやってもらっています。


午前の部が終了して、お昼ごはん。
Img_5922 僕も一緒に給食です!20年ぶりぐらい?
ひさびさに食べた給食、おいしかったです!
実は牛乳が苦手なんですが、大人たるもの残してはいけないと震えながら飲みました。


午後の部は、彫り終えたものの加工作業。
目はさすがに彫れないので、アイを入れます。
Img_5935
Img_5942 完成! 手には別の班の子たちが作った看板がかかる予定です。

僕が見本として彫っていた物は、子ども達にバーナーで焼いて磨いてもらいます。

Img_5940なかなかいい感じ。

こうしてチェンソーアート作品は完成しました。
このあと、学校の校庭に他の班の総合学習で作ったものと一緒に置かれることになります。


子どもにチェンソーを持たせるなんて危険!!!!
という声もあったんですが、やっぱりどんなに面白い話をして僕が実演をしても、子ども達が実際にやるという体験に勝ることはないでしょう。
この実際にチェンソーを使ってカービングした経験は、この先ずっと忘れないと思います。
子ども達の世界を少しは広げることができたんじゃないかなと考えています。
上にも書いたけど、この体験を誇りに思って欲しいですね。


でも、チェンソーを使って一番楽しそうにしてたのはこのチェンソーで遊んでた時かな?
Img_5944


*過去の「でき杉先生」は(順番がおかしいですが)
杉年杉組でき杉先生!
○でき杉先生!3
○でき杉先生!



banner_03_thumbImg_5946(No.90 91)応援クリックよろしくです!

|

« これまで以上に | トップページ | でき杉先生5! »

チェーンソーアート(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

自分のことを振り返ってみると、子供のころに体験したマラソン完走などのようなちいさな事件がその後の自信に蓄積してきたような気がしますね。 責任を問われる立場のリーダーが信念と勇気とを持っていないと、何でもカンでも子供たちから取り上げて、それで済んだ事にしてしまいます。
 色々と反省することがあったかも知れないなぁと拝察もします。
 オトナがどんどん退化してしまっている世の中ですが、お互いに子供たちの明日の役に立つよう微力を尽くしていきたいですね。 及ばずながら、わたしも川越から拍手を送ります。

投稿: 成瀬 | 2007/12/11 10:44

成瀬さん、コメントありがとうございます。

僕はこの授業でそんなに身構えてなかったんですが、やっぱり周りの方々は心配していたみたいで。

カービングしている最中も入れ替わり立ち代わり、いろんな先生が見にきてました。
先生にもチェンソーを扱ってもらって、正しく使えば危険な道具ではないことを知ってもらうようつとめました。

男の子なんてチェンソーを使っている自分の姿が気に入ったみたいで、口でエンジン音を真似して「エアカービング」(カービングしている真似)をしてましたよ。
いい思い出になったと思います。

あとはこういう試みが続く事ですよね。

投稿: でき杉 | 2007/12/12 18:00

子供たちこの日ほど緊張した日はないんじゃないですか?
でも、この緊張感が大事なんですね。
「死ぬかもしれない!」私が子供の頃は、そう思えた危険な遊びが沢山ありました。
だからこそ生きている毎日が、明日も会える友達が大切なんです。
危険を認識するから安全を考えさせられるんですね。
そして、物を作る楽しさを感じられたのは、とても良い経験だと思いますね。
一生の宝物をプレゼントしたようなものですよ。
お疲れ様でした!

投稿: 音やん | 2007/12/13 02:54

いやいや、さすがに「死ぬかも」という緊張感はなかったですよ。
そこまでの緊張感を強いてもいないですし。
包丁を扱うのと同じ感じです。
危険な物を正しく使うと。


女子は「重い〜!」、男子は「格好いい!!」って感じでチェンソーを使ってました。
いずれにせよ、ほんといい思い出になったと思います。

ある男の子はチェンソーが欲しいとまで言ってましたよ。
この子は将来、山仕事やこの人工林をちゃんと分かってくれるだろうなあ。


投稿: でき杉 | 2007/12/14 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/17337982

この記事へのトラックバック一覧です: でき杉先生4!:

« これまで以上に | トップページ | でき杉先生5! »