« ひといきついてます | トップページ | 12月スクールの制作作品 »

2007/11/18

オイルポンプ交換

おはようございます。

昨日は吉野チェンソーアートスクール用の作品作りの予定でした。
んが、いつものようにゼノア3700(16インチカービングバー)で制作にかかると、「ありゃオイルが出ない」。
ゼノアのチェンソーは3700に限らず、オイルポンプが弱いというのが欠点なんですよ。
オイルポンプはもう3回くらい交換したかな〜<注)ゼノアのチェンソー5台で>。

会社がコマツゼノア→ゼノア→ハスクバーナ・ゼノアとなった結果、チェンソーがマイナーチェンジしまして、01シリーズが生まれたのはマニアならとっくに承知のはず。
どこが変わったかと言うと、やっぱりオイルポンプのようです。
Img_5840左が古いタイプ、右が新しいタイプ。
ちょっとの違いですけどね。
Img_5842んで、新品を装着!
これで僕の3700も晴れて3701になりました!

チェンソーの余談ですが、2011年に日本でもチェンソーの排ガス規制が強まるようで、これに向けての開発費用の負担軽減などもあり、ここ最近国内のチェンソーメーカーの合従連衡がすすんでいるようです。
ハスクバーナゼノアにしろ、新ダイワと共立とか。
いずれせよ、軽くてパワーがあって排ガスがきれいなチェンソーの誕生を待ちましょう。
(スチールの新型チェンソーMS211Cがこの先駆けとなるのかな)

あ、そうそうスクール用の作品はなんとか完成したので、また後でupしますね。


banner_01_thumb
昨日の吉野山。実は紅葉もキレイだったりします。
Img_5834上千本から望む

Img_5835もう落葉してた!
Img_5838下千本はまだキレイ!

|

« ひといきついてます | トップページ | 12月スクールの制作作品 »

チェーンソーアート(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

 な~るホド、金属のカラーが入ったんですね。
サンナナのライバルのサンキューもウォームギアが弱く、現在はガラス繊維入りに材質変更になった様です。
 スタッドボルト(ガイドバー固定ネジ)の左隣のエルボーにクラックが入り、エアを食う様になったりはしませんか?SZ社は、そういうのが有るのですが。
構造はシンプルですが、オイル供給系は材質の問題で結構トラブリますよね。

 排ガス規制をクリアするには「4スト」あるいは「直噴2スト」しかないでしょうね~。ゼノアにはストラトチャージ(掃気の頭に空気を入れて混合気の吹き抜けを抑えるしくみ)がある様ですが、4ストや直噴には及ばないでしょうね。上記の仕様のチェンソーになったら、シリンダー横置きが主流になるかも知れません。
ロータリーが復活したりして・・・

投稿: yama | 2007/11/18 19:37


 梶谷さん お元気ですか♪
ボールペン体験・・奈良放送の収録が、ありました。

12月6日 夜7時から放送なれます。
   13日は再放送

観てくだないね。
作品も増えました。
           夢咲咲 森本英雄
 

投稿: yumesaka0721 | 2007/11/19 16:00

う〜む、yamaさん詳しい!

ボルト横のエルボーというのはどこかしら?とおもうのですが、いまのところ、その辺は壊れた事はないです。
ただ、ボルトをなめてしまったことはあります(どんだけ締めても締まって行かない)

一応オイル供給の仕組みも教わったのですが、分かったようなわからないような。。。


排ガス規制はどーなるんでしょうね!
いかに完全燃焼させるかが勝負という話を聞きましたが、4ストに直噴とは!
4ストはチェンソーには厳しいのかな〜。
どっかが昔作ったような。

直噴は実現したら楽しみですね〜。
規制が技術を進歩させる。
メーカーさんは大変でしょうが、ユーザーは楽しみです!

投稿: でき杉 | 2007/11/19 22:47

yumesaka0721さん、どうもご無沙汰しております。
こちら元気にしてますよ!

奈良テレビですね。
了解しました! ブログでも告知させて頂きます。


あと、個人的にですが、来月中にまた一度伺わせてもらう予定です。
行く前に連絡しますね。

投稿: でき杉 | 2007/11/19 22:50

 クワ~ッ(|| ゚Д゚) 間違ごうたぁああ~、SZじゃなくて、SDKでした。
オイルの通り道なんですが、[ストレーナー]→[ゴムチューブ]→[エルボー]→[オイルポンプ]となっている機種も有ります。私はエルボーなんか無い方がいいと思っている一人です。
で、このエルボーから空気を吸い込む様になると、オイル供給不良となる、とまあ、こういうワケなんであります。(H社とZ社は直つなぎで、このパーツは多分無いと思います。出来杉さんに突っ込んじゃったけど)

 バーを外して、クラッチドラムを手で勢い良く回してやると、オイル噴出口から、プクプクと泡が出ますので「あ~エア食ってるな~」とすぐに分かります。
どこかで目詰まり、エアの吸い込み、ウォームギア不良、オイルポンプ不良、トラブルの原因はこれらのいずれかですよね。

投稿: yama | 2007/11/20 22:15

yamaさん、こんばんは!

>バーを外して、クラッチドラムを手で勢い良く回してやると、オイル噴出口から、プクプクと泡が出ますので「あ~エア食ってるな~」とすぐに分かります。

おー、これは知りませんでした。
山仕事よりもカービングでチェンソーをぶん回していると、すぐにオイルの調子が悪くなるんですよね。
まあ大体は掃除すれば良くなるんですが、今度からはこれもチェックしてみます!


投稿: でき杉 | 2007/11/22 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/17105901

この記事へのトラックバック一覧です: オイルポンプ交換:

« ひといきついてます | トップページ | 12月スクールの制作作品 »