« 取材を受けました | トップページ | カウンター7万突破 »

2007/07/19

凄すぎる山

今日も林業研修。

奈良県吉野郡川上村の杉林を見学してきました。
肝心なときにカメラをわすれるのが、悪いクセなのです。
106_img「rinka写真館」より
奈良県でも一二を争う歴史のある人工林です。

こんな大木を前にしてもやっぱり「この木だったらどうやって伐る?」なんていう話をしてしまうのが、山いきの性なのでしょう。

それにしてもこの山に関わった多くの人の精神が見えてくるような山でした。
ちょっと言葉が見つからないね。



banner_03_thumbクリックよろスギね!

|

« 取材を受けました | トップページ | カウンター7万突破 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

先日はどーもお邪魔しました。
愛くるしいご子息とすっごく
雰囲気の変わった出来杉家にびっくり
しましたが、楽しかったです。

自慢ですが大学生の頃にそこの木を
伐るところを見せてもらいました。
ほんとに山が揺れましたヨ。

どうやって伐ったかはナイショです(笑)

投稿: 祝い杉 | 2007/07/19 23:52

祝い杉ちゃん、ども〜。
そんなに家の雰囲気変わった?
玄関が広いと違うのかな〜。


オレもあれくらいの木を伐りたいな〜、っていうのはなくて、伐ってるところを見たいです。

投稿: でき杉 | 2007/07/20 20:23

 大径木は着地のショックで割れるのが心配ですから、牽引して上方に伐倒なさっているかと思いますが・・・・
それで、“チル”じゃ起こしきれなくてジャッキスペースを掘り、“油圧ジャッキ”で起こしたご経験って有ります?
海外のサイトを訪ねると、ジャッキ3連とか4連とかで仕掛けているのを見たりするんですよね。(私はやった事はありませんが・・・)

 それから、“巻き枯らし”は意外と虫が入らないっていうウワサもあるんですよね。巻き枯らし後、軽く丈夫になってから伐倒すれば、余程の斜面か、枝が極端に少ない木でもない限り、下方伐倒でも大丈夫そうですよね。
で、「意外と虫が入らない」っていう事の信憑性について、どなたかご存知ありません?

投稿: yama | 2007/07/20 22:36

yamaさん、こんばんは〜。
吉野ではほとんどが上方伐倒です。
僕自身はチルしか経験がないですが、ジャッキですか?
大径木を伐ってる方に聞いてみますね。


巻き枯らしですが、僕の周辺では見た事がありません。
大径木は皮も利用したりするので、最初にむくという発想がないのかも。
(最近は皮も採算があわないのでとらない事も多いようですが)

とにかく僕の知ってる限りでは、上方伐倒して半年以上寝かせて(杉の場合)ヘリで出すというのが定番のようです。

投稿: でき杉 | 2007/07/22 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/15817788

この記事へのトラックバック一覧です: 凄すぎる山:

« 取材を受けました | トップページ | カウンター7万突破 »