« 東栄大会2007(2) | トップページ | 東栄まだ続く・・・ »

2007/05/30

東栄大会2007(3)

おはようございます。
こちら吉野は雨です。なので、お仕事は休み。
誰ですか「いいなあ」なんていってるのは!
日雇いなんだからイコール収入なしですよ。


ま、そんなことは置いといて。
大会の写真はこれからすべてupするつもり。
この大会の写真は一応期間限定の予定です。いややっぱり容量の問題もありますので、その辺よろスギ。


んとupの前に、今回の大会で感じた事をいくつか。
Img_5026これはオークションの時の様子なんだけど、左の女性が手話で対応していたんです。
素晴らしい!
来場者に対しての心配りになんだかうれしくなりました。
と同時に耳の不自由な方々が大会やカービングショーを楽しそうに見学しているのを見て、チェンソーアートの魅力、広がりを思いましたね。
会場には車いすに乗った方もいたなあ。


チェンソーアート大会って、僕が参加する側だからかもしれないけれど、どうしてもカーバー重視に見えるというか。
カーバーをもてなして気持ちよくカービングしてもらうのがすべてみたいな。
会場へ足を運んでくれる一般の方々は見に来てオークションに参加したい人はするだけみたいな。

あ、ごめん、歯切れ悪くて。
この数行書くのに10分以上かかったよ。
あくまでも僕の感想としては今まで僕が参加した大会・イベントそしてチェンソーアート業界(?)はカーバーありきでお客さんをないがしろにしてきたと言うか。
だって、大会の最後の表彰式まで残っているお客さんてほとんどいないもんね。
チェンソーアート、カーバーのファンづくりをしてこなかったというか。


ごめんなさい。
ただのいちカーバーの意見です。
気にしないでね。

それが今回の東栄の大会ではお客さんを大事にする気配り、心遣いが感じられたように思うんですよね。
さすが、東栄。チェンソーアートの甲子園。
主催者の方々に敬意を評します。


んと、あともう一つ。
Img_5030これはブライアンルース氏の二日目のショー作品なんだけど、ほとんどの人は「ブライアン何作ってんだ?」って感じ(僕も)だったのですが、これは「水(涙)」だそうです。
前夜(大会初日夜)、カーバー達の飲みの場に同席していたブライアン氏がカーバー仲間の話に感じ入って、はからずも涙したことに基づいているようです。

やっぱりチェンソーアートには計り知れない力があるのだなあ。
それに魅せられた僕らはもうとことん行くしかないね。

ちょっと今日のブログは長いなあ。
それでは、写真のupをこれから行います。



banner_04_thumbあなたのくりっくでトップ10に返り咲かせて!

|

« 東栄大会2007(2) | トップページ | 東栄まだ続く・・・ »

チェーンソーアート(大会記録)」カテゴリの記事

コメント

出来杉さん、ありがとうございます。
この「涙」の画像、ずっと見たかったんです。
これをプリントして部屋に貼って、これから私の1年が始まります。
来年の作品、もう決めちゃった!(テーマに合わせる気がありましぇん!)
彫れる様に1年かけて練習します。

投稿: 音やん | 2007/05/30 22:25

長身でさわやかな笑顔に白いTシャツ、あ、もしや出来杉さん?!
と、チャリティカービングのビデオ撮影中に気付きました。顔はデカイのにファインダー越しにみてるから視野が狭くて。
慌ててハニーを呼びに行き、会場へ戻るともうどこかへ・・・。♪ジャジャン!だってアナタはとっちと結婚してますからぁ、残念!(古っ)

自分の思い入れのある作品は乾燥で割れが入っても木工ボンドでくっつけちゃう。割れが大きくて普通じゃ埋められなくても、オガ粉を練りこんででも大事にする。皆さんは見知らぬ人たちへ、愛や友情、感動をもたらしているスーパーヒーローです。また生意気言いました。ごめんなさい。

メインカービングのテーマから開会式でのスピーチ、“4粒の涙”に至まで、全てブライアン氏のメッセージがありましたね。

来年は僕も参加させてくださいね。

投稿: とっち | 2007/05/31 08:46

出来すぎさんお疲れさまでした。

まず、ウサギとアライグマのベンチ”名前不明ごめんなさい”は私の作品でーす。ごめんなさい(笑
名札を忘れて慌てて取りに行ったんですがその間に撮ってくれてたようで(汗

次に今年は聴覚障害のカーバーが出場されてました。
主催者側の受け入れ体制は大変素晴しいものでした。
私もホント日本一の大会だと改めて感動しました。
出来すぎさんも是非来年は!

投稿: 塚っち | 2007/05/31 10:46

音やんさん、こんにちは!

写真を撮っておいてよかった〜。
これで僕も行った甲斐があったってものです。

ブライアン氏も音やんさんも、とっちおんちゃんさんもみんなみんな、ほんとチェンソーアートっていいものですね!

投稿: でき杉 | 2007/05/31 18:12

とっちさん、こんにちは!
いや〜、僕は全然気付かなかったです。
会場はうろうろしてたんですけど、旧知の方とばかり話していたからなあ。


にしても、「スーパーヒーロー」さんは今後のチェンソーアートの大きな流れを体現してくれそうですね!
リアルで写実的でデザインが凝っている、それ以上に大切なものを身体を張って教えてくれてますもんね。


来年の東栄大会はまたまた森上がりそうだ!

投稿: でき杉 | 2007/05/31 18:17

塚っちさんこそお疲れさまです。
もー本当にそのパワーには驚きです。

ベンチ、塚っちさんの名前に変更しました。
作風を見れば確かに塚っちさんですもんね。
失礼しました。

>今年は聴覚障害のカーバーが出場されてました。

 出場されていたんですか!
それは気付かなかった。
仲間の皆さんで本当に楽しそうに大会を満喫していましたね。
さすがチェンソーアートの甲子園。


来年は、ホントでたいな〜。
その前に千葉大会に出たいけど、どーだろなー。

投稿: でき杉 | 2007/05/31 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/15252794

この記事へのトラックバック一覧です: 東栄大会2007(3):

« 東栄大会2007(2) | トップページ | 東栄まだ続く・・・ »