« 森の“聞き書き甲子園” | トップページ | 聞いてないよ〜! »

2007/03/26

空師の仕事

今日、山仕事の休憩中に先輩から
「いま村の神社の木を伐ってるの知ってる? なんでも450年生の杉を含めて6本ほど伐ってるらしい」
という情報をGet!

仕事が終わってから速攻で神社へ向かいました!
Img_4642
あれ〜、もう仕事終わってた!

なんでも聞いた話によるとその仕事師さんは仲間一人と岐阜から来てて、クレーンを雇い仕事していたそう。
何日か村で仕事をしていたらしいのだが、ぜんぜん気付かなかった。
残念。


では、その仕事の痕跡を。
Img_4641
比較するものがないから大きさが分からないと思うのですが、1m50以上ありました。
にしてもこの杉の年輪の細かかった事!
もう杉とは思えないくらい。
写真見てみて。
Img_4638 Img_4639
あ〜、ここに一円玉でも置いておいたら比較できるのに!
でも、この写真だけでもどんだけ目が詰まっているか分かると思います。


計6本伐ったという事でしたが、そのほとんどが芯がやられていて雷に打たれたからということでした。
Img_4643 横からじゃちょっと分かりづらいかな?
Img_4645
これは社のすぐ脇に生えていたからクレーンとの息をぴったり合わせないと社を傷つけてしまうという、難しい仕事をだったと思います。
でも、ばっちり決まってました。


この仕事師さんたちが仕事している時はすごいギャラリーだったようで、そりゃ当然ですね。
あ〜、オレも見たかった!!

見ていた人たちの多くは記念にと、枝や木っ端を持って帰ったそうです。
そういえば、まだいくつかあったから、僕もさっそく明日取りにいこうと思います!!


banner_03_thumb7位。でも結構デッドヒートしてます!応援クリックよろ杉!

|

« 森の“聞き書き甲子園” | トップページ | 聞いてないよ〜! »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

こういう仕事って一日中見ていたいです。
ぜったい飽きることがないと思います。
先日、神社とお寺が同じ敷地に建つ、庫裏建て替えのため樹齢200年といわれるクスノキ伐採を今一歩のところで見逃しました。
やはりクレーンで吊り伐採したようです。
そして、元で100cm、末で70cm、8メートルの丸太を貰いました。
末部分を3人のカーバーで村を守る龍を彫らさせていただきましたが・・
ラフカットで出た木っ端を一つ残さず村の人たちが持ち帰られたのが印象に残っています。

投稿: マインドカーバー | 2007/03/26 22:13

マインドカーバーさんもやっぱりそう思いますか!
僕も多分時間が経つのを忘れてみてるだろうなあ。

200年生のクスノキにカービング出来るなんて、カーバー冥利に尽きますね。
良い話だなあ。

木っ端を持ち帰ったという村の人たち。
この気持ちもホントよく分かる。
一口に200年と言っても1800年頃植えられた(生えた)木ですもんね。

木は大事ですね。

投稿: でき杉 | 2007/03/26 22:49

 えーっ! 樹齢200年の楠ですか。それは彫り物やる人には生唾ものの宝物ですな~。

 私の田舎には昔、屋敷林があって、西側には大きな杉が生えていました。(植えたのかな?) 私がまだ小さい頃、その杉に、真夜中に雷が落ちたんですよね。そしてそれがメラメラと燃え出し、あわや火災に・・・・・でも、ウラのお宅の方が早期に発見してくれて、消し止められ、家屋への延焼はまぬがれました。
杉は倒れてしまったのですが、西隣のお宅にも、我が家にも当たらず、非常に幸運でした。

 杉は高木になるから、怖いですよね。早めに芯止めして“キャップ”でも被せた方がいいのかなぁ。そうすれば、落雷損傷による芯腐れも防止できるかも知れません。誰がやるのその作業?
オラ、いち抜けた~ぁ  三 (lll´Д`)

投稿: yama | 2007/03/26 23:56

でき杉さん、終わっちゃってて残念でしたね。
我が家はお買い物や用事に出る時、アノ神社の横を通るのでちょこっとだけど見ましたよ。
やはり、テレビで見るよりもずっと迫力がありました。

うちのダンナ様は、何日か通いつめてちゃってました。(^^;
あの神社の木には色々な想いを抱えていたようですから…。
空師の方達とも結構話をしてもらったようで、そのうち文章にするかもしれません。
写真も随分沢山撮ってきたのですが…大杉じゃなくて…多過ぎて目移りするくらいです。
コマ送りのようになっているものもあって、面白いですよ!!
ご覧になりたい方は、我が家へおいで下さいませ。(^^

投稿: LOPO | 2007/03/27 00:17

>yamaさん

雷落ちたら木って燃えるんですね〜。
んでも雷落ちても生きてる木もあるんだから、それも驚きです。

yamaさんのお家の杉の木、どこにも当たらずに倒れたというところに僕は感じ入るものがありますね。

>LOPOさん

やっぱり龍哥さんは見に行ってたんですね。
切り株を見ただけでも、その仕事の凄さが分かりました。
伐られた杉の巨木もみたかったなあ。
銘協に見に行こうかしら。

写真と文章楽しみにしてますね!

投稿: でき杉 | 2007/03/27 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/14416864

この記事へのトラックバック一覧です: 空師の仕事:

« 森の“聞き書き甲子園” | トップページ | 聞いてないよ〜! »