« 買い直し | トップページ | 森の“聞き書き甲子園” »

2007/03/24

日本初?新ネタ

こんばんは!
いろいろとブログネタはあるんですが、昨日は時間がなくて書く事が出来ませんでした。
なるべく毎日更新出来るようになんとか頑張ってるんですけどね。


今日は天気もよくないということで朝から休みをもらい、まずは物置造り!
Img_4628 まだ途中だけど。
旧宅で使っていた丸太組み物置を解体して、そのヒノキがもったいないので、骨組みの一部とあと背面に半割して使っています。
丸太が細いからチェンソーでキレイに半割するのが結構大変だったりします。

物置にしまうチェンソーを数えたら8台もありました!
こんなに持ってったっけ?
ちなみにカービングで日常的に使うのは2台だけ。。。


と、雨養生も終わったところで、カービング開始!
まだ誰も作ったことないかも
Img_4629 (No.20 爪3本にしました。木霊さんありがとう!)
「なんだよ! いつものフクロウじゃねえかよ!!」

いや、見て欲しいのは足下。
Img_4630 つまり、貯金箱!!
フクロウがくわえてるのはコインというわけです。

どうやってお金を取り出すのかはヒ・ミ・ツ。
パッカ〜ンて割るのではないですよ!!

この貯金箱は吉野チェンソーアートスクール会場(アートスタジアム)の電話を使った時に使用料を入れてもらうものです。
実物はアートスタジアムに見に来て下さい!!


banner_04_thumbこのネタ、自分ではかなり気に入りました! 好評ならいろいろなパターンで作ってみようかしら。

|

« 買い直し | トップページ | 森の“聞き書き甲子園” »

チェーンソーアート(作品) 」カテゴリの記事

コメント

今日は両国の東京江戸博物館で開催された「森の聞き書き甲子園」に家内と行ってきました。 わが埼玉からは知人の浅見さんが、奈良からは出来杉さんからかねてよりお名前を聞いていた福本さんが、それぞれ日本の名人として聞き書きをした高校生と一緒に壇上にのぼりTVタックルの阿川キャスターの突っ込みを受けながらインタビューに応じておられました。
 福本さんは吉野杉のチェンソーアート作品(わんこ)を壇上にのせておられたのですが、とくにその方面への話題の進展はなく、ひたすら真面目な人柄をにじませておられたのが印象的でした。
 でも、あのわんこ、なんとなく今回の出来杉さんの貯金フクロウのイメージににた優しさを漂わせていましたね。  

投稿: 成瀬 | 2007/03/25 19:35

おお〜、成瀬さん行かれたんですか!
そうそう、このネタもブログで書きたかったんですよね。

福本さんは大径木の伐採で名人に選ばれたんです。
なんでも取材の時に伐った木がバッチリ方向はあっていたけど、すこしだけ枝が木にかかって倒れなかったそうです。
その時に福本さんは

「いまは風の向きでこの木は倒れないけど、ここで木をいじってはいけない。何もしなくても風が変われば倒れるから」

といって退避していたそうです。
そして数分の内に木は倒れたんです。

いや〜カッコいい!と思いましたよ!
今はチェンソーアートに一緒に取り組んでいますけど、今後は伐倒の技術を学ぶ機会も作りたいと思っているんです。

福本さんはほんと真面目ででもユーモアにあふれていて、身近にいて本当にすごいなあと思うことが何度もあります。


聞き書き甲子園のサイトに早くこのフォーラムの様子がのらないかな〜。

投稿: でき杉 | 2007/03/25 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/14374822

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初?新ネタ:

« 買い直し | トップページ | 森の“聞き書き甲子園” »