« 伐木造材のチェーンソーワーク | トップページ | 君はRIDGWAYを知っているか? »

2007/03/16

「仙」と「俗」

最近、いろいろと漢字を調べていたんです。

で、仙人とかの「仙」の字。
これの意味って大体想像つきます?
まあ「長命、長寿、超越、高潔、道を究める」とかなんですけど、この漢字を分解するとニンベンにヤマですよね。
つまり、僕ら山いき!!

あ、「山いき」はきこり、そま、山子でもなんでも同じですよ。
「山の人」って、漢字が出来たその遥か昔は凄い存在として捉えられていたんだな〜と思った次第です。
名前負けしちゃいけないな。


で、反対に「谷の人」と書くと「俗(ぞく)」。
う〜ん、なんとなくわかるような。
昔の人はうまいこと考えるね。


banner_03_thumb4位! うん、凄い! ありがとう!

|

« 伐木造材のチェーンソーワーク | トップページ | 君はRIDGWAYを知っているか? »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

修行を積み心身共に高潔が仙人なら、無理無理 無~理 無理!
いいです 私、俗世で欲にまみれて生きます

座右の銘は「棚からぼた餅」
谷底で寝転んで待ちます★


投稿: まる | 2007/03/17 14:03

最近手軽に山いけて
谷のひとも山の人も変わらんようになっとるよな。
土建の人たちが参入してきたこの業界
機械化によって”山子”の存在も小さくなってます。
昔は飯場泊まりで山子が上座
後の連中は山子の顔色うかがいながら小さくなってたようです。
こうなったいじょうなるべく今の技術は後に残していかんとならんな。
伝統技術を守りながら
機械化も進めていかんとならんのかなあと思う
なんともいえんきもちやな。
まあ今できることがんばりましょう!

投稿: 木霊 | 2007/03/17 19:13

まるさん、こんばんは。

僕は山に入ってもう9年目になるのに、いまだ仙人には出会った事がないですね〜。
きっと谷へ行って、その刺激に魅了され、山へ行く事を忘れてしまったんでしょうね!

投稿: でき杉 | 2007/03/17 23:17

木霊さん、こんばんは。

そうそう、土建屋さんに機械化!
木霊さんのいわんとしてることすっげーよく分かります。

僕は山いき(山子)は、カッコいいしスゴイんだと常々思っています。
カービングを魅せる林業だというのも、その一環です。

とと、話を戻すと、
多分、手のこからチェンソーに変わったときも「機械化」って言われたんじゃないかと思います。
これも時代の趨勢なんでしょうね。
ほんとできることをやるしかない!

投稿: でき杉 | 2007/03/17 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/14284784

この記事へのトラックバック一覧です: 「仙」と「俗」:

« 伐木造材のチェーンソーワーク | トップページ | 君はRIDGWAYを知っているか? »