« ポスト第2弾! | トップページ | 林業新知識3月号 »

2007/02/02

なんとなく寂しいね

まずは写真を見て下さい。
Img_4406
いま引っ越しの準備をしていまして、家の横にあったログ風の物置を解体しているんです。

この物置は出来杉計画に反して総檜造りなんですが、僕が山仕事を始めた頃に自分で間伐した木なんです。

ヒノキですよ。ヒ・ノ・キ!
それを切り捨ててしまうなんて、もうもったいなくてもったいなくて、なにかに使わないといけない木がして、仕事が終わったあと、一生懸命皮をむいて肩に担いで一本一本せっせと運びました。

そして、こんな小さな物置だけど、すべて何もかも終えるのに一年かかりました。
山仕事、山の生活にまだ慣れていない頃でしたから、本当に苦労したのを覚えています。

一年かかったものが解体するのに、ほんと数時間で終わってしまって。
一本一本なかなかノッチが合わなくて何度も何度も削り直して組んでいった丸太がいとも簡単に解体出来ちゃって。
いやあ、いろいろと思い出しますね。

引っ越し先には、このまま移築する事は出来ないので、この丸太物置どうしようかと思っていたんですが、やっぱり情が移っているし、形は変わるけど、この材を利用してまた物置を作ろうと思っています。

ホントにさ〜、この木を運んだときの重さは僕の肩が覚えているんですよ。
こういう経験て何ものにも代え難いですね。

今日は、この丸太物置を忘れないように、ブログに残しておきました。


banner_04_thumb一生懸命にやったことは振り返って見ると、とってもいいものですね!

|

« ポスト第2弾! | トップページ | 林業新知識3月号 »

出来杉計画の出来事 」カテゴリの記事

コメント

結構ええできやん!
オレも5年ぐらい前に細丸太で同僚の犬子や
ラウンドノッチでつくりました。
おもろかったなあ~。
夢中になってやったな!
その小屋今でも現役。
北海道の和犬”アイヌ犬”のお住まいに。

ばらして運べるけんええよなログって。
苦労して作った甲斐があったやん。
引越しがんばってな!
身重の奥さん大丈夫?

投稿: 木霊 | 2007/02/03 20:11

ちなみにオレのノートパソコン真ん中に1センチほどの亀裂が・・・
そこにかぶった文字は見えません。
確認せんと今のコメントのように、犬子や→犬小屋
些細な間違えしますんでご了承ください。

投稿: 木霊 | 2007/02/03 20:16

うちのイヌにも豪華なログハウス
を作ってやろうかと思います。
捨て伐りする木がもったいないという
気持ちは「理屈ではない」っすねぇー

投稿: 祝い杉 | 2007/02/03 21:02

こんばんは

ひのきの一本、一本に、思い出と自分の歴史が詰まっているんですね。
他の人が見たらなんでもない物でも、とても大切な宝物。

新しいお家でも、またいっしょに暮らせるようででよかったね。

人は、本当に「心」の生き物だとつくづく思います。

投稿: まる | 2007/02/03 22:24

木霊さん、ありがとう!

やっぱりログハウスに憧れってあったし、でもそんなの建てられないし。
それならということで物置小屋を作ったわけです。
ノッチの組み方とかよくわかんなくて、シンプルなラウンドにして。

ログをある程度まで組んでから「屋根はどうしたらいいんだ?」ってなって、いろいろと山小屋とか物置を研究してね。
ほんと苦労したけどたのしかった!
充実感はすごかったですよ。


いつかゆっくりできる時間ができたら作りたいですね!


投稿: でき杉 | 2007/02/03 22:44

祝い杉くん、その通り!
理屈じゃなくて木持ちです。

やっぱり木は使う事を考えないといけないよね!

投稿: でき杉 | 2007/02/03 22:47

まるさん、いつもありがとうございます。

小屋を解体していたら、ころころと石が出て来て。
「そーいえば、ここは隙間が空きすぎたから、石を詰めてごまかしたっけな〜」

いろいろと思い出しながら、一人でゆっくり片付けました。


ヒノキはまだまだキレイでいい香りがして。
「次もしっかり使ってやるからな!」
木もきっと喜んでくれていると思います。

投稿: でき杉 | 2007/02/03 22:58

次も違う形で是非使ってあげてください(^^)

投稿: どんぐり | 2007/02/05 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/13762792

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく寂しいね:

« ポスト第2弾! | トップページ | 林業新知識3月号 »