« 続・チェーンソーの目立て | トップページ | 頑張って下さい »

2006/12/22

ノコ屑について考える(仮)

昨日の目立ての記事はどうでしたか?
自分としてはいっぱいコメントもらえてうれしいです!

んで、昨日書き忘れたことを。
それは「チェンソーのおがくず」のことなんですよ。


よく言われるのが、「目立てがきちんと出来ていたら長いおがくずが出る」というもの。
これ実はカラクリがありますよね。
杉ばかり切っている人はなかなか長いおがくずは出ないのでは?
目立ても出来てチェンソーはよく切れる気がするんだけど、おがくずが長くないから切れてないのかな〜なんてことありませんか。


これね、同じ刃でヒノキや広葉樹を切ってみて下さい。
目立てが出来ていれば、長いおがくずがでますよ。
しゅるしゅるしゅるってね。

本や雑誌で長いおがくずの写真があったらそれはヒノキ屑だと思いますよ。


んと、ここまで書いてきてなんですが。
よく切れるチェンソーのおがくずって別に長くないですよね。
長方形の屑が左の太ももに当たるのが分かるくらいドドドドってでません?
(まあこれも樹種によって違うけれど)

僕の中でよく切れるチェンソーの基準は、
力を入れずとも勝手に進んでいくというものです。
こういう目立てが出来たら仕事が楽ですよね!


*この記事はまた写真を付けてupし直すつもりです。
エラそうに書いてますが、まだ僕も試行錯誤の最中です。
「オレはこう思う」という意見待ってます!!

みんなで目立てがうまくなりましょう!!!


banner_01_thumb現在4位!!スギースゲー! ありがとうございます!

|

« 続・チェーンソーの目立て | トップページ | 頑張って下さい »

林業(チェーンソーの目立て)」カテゴリの記事

コメント

でき杉さん、4位キープですね。 この上はちょっと手強い所ばかりが揃っているけど、がんばるんばっ。
 で、今回は大鋸屑の話しですね。
 基本的に木の切断方向に3つありますよね。
 バウムクーヘンを上から真っ二つに切る方向が一番多く年輪を切るので大鋸屑が細かくなりますし、木が立っているのと同じ方向にバーの向きをあわせて切ると大鋸屑は長く成り杉て下手をすると駆動スプロケットに詰まってしまうほどですね。
 普通の伐採で木を切り倒す時の方向ってのが多分目立ての善し悪しを言うときの方向でしょう。
 長い大鋸屑出したければ木目に沿ってカットすれば幾らでも誤魔化せるような木がします。
 だから板挽きをしたりするとき脇からシタリ顔して目立てが云々などと言い出したりされるとバーの方向を微妙に変えて長い大鋸屑だしてやる(笑)
 まあ、年輪ぶった切り方向で伐っていても刃によって細かいのが出たりちょっとまともなのが出たりするのですが、全体として満足できる状況かどうかはやはり大鋸屑で判断して大過ないんぢゃないかとも思いますです。
 木工旋盤の世界でも刃の善し悪しの判断は切り屑でわかることが多いんですね。
 刃そのものと切削角度と圧力と材の性格との相性を見て、細く長く薄いカールした糸のような切り屑が連続して出るときが合格。
 表面仕上げ研磨のレベルがサンディング・ペーパーのグリット値で220番という細かさで済んでしまうというのが日本の刃物です。 普通にやると120番あたりからになりますので、消費する時間と紙ヤスリの数(コスト)が2つ違ってきます。
 チェンソーアートではそこまで具体的に目立てとコストとの関係の対応がつくようには思えないのですが、大鋸屑での判断に疑問を持つことには納得できる感じがします。
 とにかく目指せ4位キープ!ですね(笑)

投稿: 成瀬 | 2006/12/22 22:56

でき杉さんこんにちは。
僕も今、目立てと格闘中です。
なるほど、後ろを落とすかー、知らなかったなー。でも僕がそれを試すのはまだ早い。後ろより前の方がマダマダですから。(笑)
実は最近おがくずがなんで長く出ないんだろう、というのがちょっと悩みだったんです。
前に杉でも長いのが偶然出たときがありました。(どんな風に刃をつけたか覚えていませんが)
でも最近は基本に忠実にやってるつもりでもくずは短い。まずまず良く切れるとは思うんだけど。
確かにヒノキや広葉樹を切ると長いのが出ます。
うーん、材の硬さか、含水率か、上刃か横刃か、デプスか、チェーンソーか、ソーチェンかetc.etc.悩みは尽きません。
まずは基本をもう一度完璧にマスターしてから、1つずつ検証していこうと思ってます。
道のりは長い・・・
P.S. Okadaさんがんばっているようですね。よかったよかった。
連載がんばってください。楽しみに、読ませていただきます。

投稿: オバタ | 2006/12/22 23:10

成瀬さん、こんばんは!
ランキングはこのジャンルだと3位以上は難しいですね。
とにかく4位キープがんばります!

やっぱり刃の善し悪しは切り屑の判断が一番分かりやすいとは僕も思います。
でも、それにとらわれないように。
だって切りくずを長くするのが目的じゃなくてよく切れるようにすることですもんね!

投稿: でき杉 | 2006/12/24 19:41

オバタさん、コメントありがとう!!

たしかに杉でも出る時ありますよね。
僕が思うにそれは目立てよりも木の状態に左右されるかと。
間伐している時に、続けて杉を切っていても出る時と出ない時があるので。

ほんと目立ては難しいですね。
また研究してブログで報告しますので、待ってて下さい!

p.s.
ハスクの伐木の本、ネットで売ってますね。
近々購入します!

投稿: でき杉 | 2006/12/24 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/13163208

この記事へのトラックバック一覧です: ノコ屑について考える(仮):

« 続・チェーンソーの目立て | トップページ | 頑張って下さい »