« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/26

作品の「カビ」について

さっきまで凄い雷で停電しないかハラハラしてました。
今まで最高で4日間ずっと停電(!)したことのある我が地域です。。。
このときはほんと大変でした。

って、まあこれは置いといて。


先日ブログに書いた「チェンソアート作品のカビについて」の現時点でのまとめを書きたいと思います。
(参照記事:教えて!カーバー!!

この記事で僕が問題にしていたのは、
植物性オイル使用によってカビが生えてしまったことでした。
対策としては植物性オイルを使わなければ良いのですが、チェンソーアート業界では植物オイル使用がスタンダードであり、僕は困ってしまったわけです。


この問題をブログに書いたところ、幾人かのカーバーから反応があり、僕なりの対策を考えました。

・葉枯らし材を使う(木材の含水率の低いものを使う)
これは乾燥している材だと今度はひび割れの問題がでてくるので、
ある程度水分の抜けているものを使うということ。
主に黒カビ対策。

作品は洗剤で洗う
植物オイルにウィルスが繁殖してしまうことがあるので、その
オイルを落とす為に行います。
食器用洗剤や洗濯洗剤を使います。
除菌タイプが良い。
漂白剤入りは木材の色が落ちることがある。

防カビ剤を塗布する
現在は「 ワレドメールA K」を使っていますが、これも完全では
ないようです。

白カビはバーナーで焼く
綿状の白カビはバーナーでさっと焼くと取れるようです。

作品の置き場所を変える
結局これが一番でしょう。
作品の下にはレンガやすのこを敷いて風通しを良くするとさらに効果的。


と、現時点ではこんなところです。
作品を焼き杉加工したものや塗装したものでも、置き場所によってはカビが生えてしまうことがあるようです。


せっかく一生懸命に作ったのに、気に入って購入したのに作品が痛んでしまったら、ほんと残念ですからね。
作品の美しい状態が長持ちするように、いやずっと続くようにいろいろと研究していきたいと思います。


banner_04_thumb現在12位!トップテン入りまではあと2クリックです!! あなたのクリックでトップテン入りするかも?! 応援よろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/24

日本経済新聞に載りました!!

二日前の8月22日の日経新聞夕刊にまたまたの話題で掲載されてました。
日経の記者さんから新聞が送られて来て、気づきました。。。
(関連記事:「取材を受けました!」)

日経ネット関西版のこちらで記事を読むことができます。

リンク切れのときは写真を見てください。
Img_3814

これで主要な新聞は制覇しましたね。
あ、産経と地元・奈良新聞がまだだけど。
ま、いっぱいいっぱい取り上げて頂いてほんと感謝感謝です。

今年はこの切り株でブレイクした感じです。
多くの人がチェンソーアートや僕のことを知ってくれたので、その思いを裏切らないようにこれからもがんばりましょう!


banner_03_thumbおおっまた順位が上がってきました! ありがとうございます!
応援クリックよろしくです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/20

吉野チェンソーアート倶楽部練習会08/06

<本日、二つ目の投稿です>

今日は吉野チェンソーアート倶楽部の練習会。
結局帰宅後3時間ほど寝て、準備をして練習会へ。
注文を頂いてるフクロウを一つでも多く彫らないと!

練習会参加者は6名。
先月の講習会に参加した方も来てくれました。
Img_3803(今日も暑かった!!)

僕はと言うと、暑さと寝不足でバテバテながらフクロウを二体仕上げました。
(写真を撮り忘れた)

これでフクロウは何体彫ったっけ?
Img_3776(No.111〜116。の他に1つ<No.117>と練習会の二つ<No.118、119>)
あと何体彫るんだったっけ? 



banner_03_thumb応援クリックよろしく!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カービングショー見学(松本晋平さん)

昨日は濃密な一日でした。
まず、朝から地域の人足(ま、草刈り)を手伝い、作品の納品へ和歌山県まで足を運びました。(ヘリコプターで運ぶ!で紹介したワンコたち)

次にその近所で僕の作品を置いて頂けるお店がありまして委託販売をすることになりました。
このお店の詳細はまた後日改めて紹介します。

と、一通り用事を終えて、これまた近所で行われていた松本晋平さんのショーを見学!
晋平さんは、僕と同じくチェンソーアート・ジャパンの契約カーバーです。

Img_3783 Img_3784(大盛況!)
これまで晋平さんと一緒にショーを行ったことはあっても( こちらとかこちらも)、というか一緒にショーをしているから、晋平さんのショーを見たことがなかったんですよね。

やー、じっくり観察しましたよ。
「あー、これはこうやって彫ってたのか!」みたいな発見がたくさんあって、お得な気分。


こんな風にショーを見てるのは僕だけでしょうけど、お客さんの反応も凄く良くて作った作品は瞬く間に販売されて行きました。
改めてやっぱりチェンソーアートにはなかなかすごい力があるんだと実感しましたね、うん。

晋平さんの作品Img_3788

んで、このショーの見学の後、親しい仲間でお風呂に行って、ご飯食べてなにしてかにして、、、、日付が変わり、帰宅したのは27時をまわってました。。。

<続く>

banner_01_thumbヤバい21位・・・1クリックでageて下さい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/13

取材を受けました!

お盆休み真っ最中ですが、今日もまた取材を受けてました。
なんと今回は日経新聞!!
やー、まさか日経さんから取材がくるとは。

例のごとく切り株アートの取材です。
もともと記者さんがチェンソーアートに興味を持っていて、そこに僕が出演したテレビを観て「!」となり、取材と相成ったわけです。

どんな形で掲載されるかと言うと、
まず日経新聞の夕刊です。
火曜日に女性向けの記事(関西版)があって、そこにカラー写真と共に紹介されるようです。

学生時代に日経新聞は読んでいたことがあるのですが(こう見えても一応商科卒)、田舎に暮らし山仕事を始めてからは縁遠い新聞になりまして、まさかこんな形での出会いがあるとは人生面白いものです。

取材のときにいつものように暑く熱く語ったところ、どうやら記者さんは「吉野まるごとプロジェクト」にも興味を持って下さったようで、また別の形での取材が入ったりするかもしれませんね!
(「まるごと」関連記事:講習の反省会

今回の取材に快く協力して頂いた広陵町のMさんありがとうございました!


banner_02_4_thumb11位だ。応援よろしく!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/11

教えて!カーバー!!

ブログを見て下さっているカーバーの皆さんに尋ねたいことがあります。

今年の梅雨から初夏にかけて、倉庫に保管していたチェンソーアート作品に白い胞子状のカビが生えてしまいました。
こんなことは4年近くカービングをしていて初めてです。

このカビの原因は、チェンの植物性オイルだと思うんです。
なぜなら同じ条件で保管していた鉱物油のオイルで制作した作品にはカビは生えませんでした。
使用した丸太も同じ時期に同じ場所から切り出したものなので、ほとんど差はありません。(結構乾燥していました)

植物性オイルにウィルスが寄って来て繁殖したとしか思えないのですが、カーバーの皆さんはどう思われますか?
こんな経験はありますか?
その場合、どのように対処されましたか?
全日本チェンソーアート研究会にカビに関する話題があったのですが、すでに流れてしまったようですね)

僕は彫り直すことで対処し様子を見ていますが、いまは大丈夫です。


僕の作品を購入された方でカビが生えてしまったということはありませんか?
いままでにカビに関する連絡をいただいたことは無いのですが、今回このようなことが起こり、これまでもあったのではないかと心配になりました。
もし、作品に問題が起きましたら、すぐに連絡して下さい。
迅速に対処させて頂きます。

ちなみに、僕は作品すべてにワレドメールA Kという干割れ防止、カビ防止用の液体を塗布しております。
ただしこれで100%大丈夫という訳ではありません。
雨、エアコンの風、直射日光等はやはり避けて下さい。
今回カビが生えてしまったのは、作りかけの塗布していないものでした。


チェンソーアートでは業界をあげて植物性オイルの使用を推奨しているわけで、このカビの問題は僕個人のことではなく、チェンソーアートに関わる全ての人にとっても大きな問題ではないかと思い、記事として書きました。
忌憚なきご意見お待ちしております。

最後に、これもきちんと書いておいた方がよいでしょう。
使用している植物性のオイルはヤナセのものです。
ヤナセのオイルが悪いというわけではなく、菌が繁殖するということは早く分解されるということでむしろ良いのでしょう。
コレがまた頭の痛いところです。

彫り終わった後、作品を食器用洗剤で洗ったりもしたのですが(だって油汚れだから)、油汚れは取れませんでした。
次は洗濯洗剤で洗おうか。
ちなみに、鉱物油は食器用洗剤で洗うときれいになりますよ。
作品がチェンオイルでべたべたになることがあるでしょう。
ぜひお試しあれ。


banner_04_thumb10位!! ありがとう!! でもまだがんばる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/08

チェンソーアート参考図書(2)

最近、チェンソーアートを教えて欲しいという話が来るようになりまして、やっぱりある程度勉強しておこうと思い出しました。

右サイドバーにある「カービング参考図書」は僕が実際に購入してみてよかったものを紹介しています。
以前紹介はしたけど、まだ購入していない買った本もあるんですね。
それを今回買ってみました。
Img_3767_1
以前紹介した時の記事:「チェンソーアート参考図書」「 良書だった!

今回買った本のインプレを。

切り株から顔と手を出している熊、看板を持った熊の全身像、牙をむいた熊の顔の彫り方がワンカットずつ順序立てて写真で説明されています。
正直に書くと、いまの僕にとってはジャスト!とは言いがたい本でした。。。
なぜかと言うと、熊の基本のカットはすでに分かっていたので。
これは熊を彫る手順を知る本ですね。
とはいえ「看板熊」はパクってみたいと思います、ええ。


イーグルヘッド、魚を捕らえている鷲、イーグルをあしらったベンチ、飛んでるイーグルの4つのデザインの彫り方が一つ一つ写真で順序だって説明されています。
イーグルをほとんど彫ったことのない僕にとって、これは興味深い本でした!
カービングの技術的にも「熊の本」よりもこっちの方がいろいろあって勉強になりますね。
いろんなカットの仕方の名称なんかも書いてあって、こんどからさりげなくつかっちゃおうっと。
これからイーグルを彫ってみたいと思っている方には興味深い本ではないでしょうか。


チェンソーアートの僕の一番の悩みはデザインが浮かばないこと。
フクロウにしても犬にしても単体でじっとしているようなものばかり。
もっと動きのある作品を作りたいなあ、というのがいまの気持ち。
そんな僕に最高のインスピレーションをくれそうな本です。

これはチェンソーカービングではなくウッドカービングの本ですが、同じことですね。
14人の木彫刻家の作品とアヒル、ハミングバード、イルカ、ネズミ、トラウトの彫り方が載っています。

日本の木彫りの本でこういうのって無いんでしょうかね。


banner_01_thumb12位かあ。トップ10入り再挑戦! 1クリックを!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/06

個人講習

今日はお知り合いさんからの紹介で個人講習会を行いました。
題材はいつものフクロウ。
やっぱりこんなこともチェンソーで出来るの?といったカービング技術がいっぱい含まれていますんで。

ブログに写真が載るのは恥ずかしいということで、完成作品を。
Img_3754向かって右が僕の(No.105)。左が講習を受けた方の。
上手ですよね! チェンソーの扱いに慣れていてバンバン彫り進むので見ていて爽快でした。

Iさん、これからも安全第一でカービング楽しんで、また広めて行って下さい!!


さて、もうすぐお盆ですが、このお盆休みを利用して注文を頂いている10羽以上のフクロウを一気に仕上げます。
効率よく彫らないと身が持たないかも。
その他の注文もできれば彫り上げたいので、ご依頼下さった皆様、もう少し待ってて下さいね!


banner_04_thumbImg_3756(No.106)「ちょっとバーが短いな」と思う方はポチッと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/04

「林業新知識」に強引に載りました!

『林業新知識』という冊子を知ってますか。
(社)全国林業改良普及協会が発行しています。
ホームページ→全林協・森の情報館
【rinka】夢のある森林経営を考えるサイト

サイト内にも画像はあるけど、一応こんな雑誌ですImg_3730_1
基本的には林業、山仕事の話題が中心ですが、これまで何人ものチェンソカーバーも掲載されています。
ま、僕に言わせればチェンソーアートは見る林業、魅せる林業なので掲載は当然ですよね!
編集部の方も同じ考えなのでしょう。ね!

この『林業新知識』は現場で働いている者にとってはすごく刺激をうける本ですよ。

で、タイトルのように強引に載せてもらいました。
Img_3741
白状しておくと、投稿したのは僕ですが、この文章は吉野チェンソーアート倶楽部のメンバーで森林ジャーナリスト田中淳夫さんが書いてくれたものです。

この掲載で今まで縁のなかった山関係、林業関係の皆さんに届くといいな!


banner_04_thumb現在16位! 皆さんの1クリックが順位を上げます。よろしく!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/03

列状間伐。僕たちの場合

久しぶりに「山仕事、林業の話題」でも書きましょうか。
今やっている仕事は「列状間伐」。

山関係の人であればすぐに分かるのでしょうが、そうでない方は?でしょうね。
一から説明するのは難しいのですが、とりあえず写真をいっぱい紹介します!

Img_3692倒すのは直径50センチくらいの杉の木。
木が大きいので伐倒方向に道具を使って引っ張ります。
まずは、引っ張るためのロープを木に結びます。
Img_3701_1Img_3685こうやって投げてImg_3687枝にかけ、Img_3691幹にくくります。

そして、いよいよ木を伐り倒します。
倒す方向に切り口を作ります。
Img_3706 倒す方から見るとImg_3714 Img_3716

切り口を作りながら伐倒方向を確認します。
Img_3693(倒す方向を反対側から見てもらっています)

Img_3697切り口(受け口)が出来ました。

次に受けの反対側から伐って行きます。
Img_3708

タイミングをみてくくりつけたロープを引っ張ります。
Img_3728

Img_3710_1 倒れ始めてImg_3699_1倒れた!バッチリです!

この過程を繰り返すと、Img_3681_1 こうなって、上から下まで一列倒れてるでしょう。
これが列状間伐です!

なぜ、「列状」なのかとか、この仕事に関する話は今後も折りをみて書いていこうと思います。
だってオレ、山いきだから。



banner_04_thumbもうダメぽ、なの?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/02

目指すもの。

梅雨が明けてからというもの暑い毎日です。
こんだけ暑くて汗もいっぱいかいているのに、痩せません。。。
別に僕は太ってないけど、20代の頃は夏になると4キロくらい簡単に落ちたのに、どうしてでしょう?
身体が暑さ、仕事に慣れたのか、それとも歳とともに代謝が悪くなったのか・・・
山仕事はある程度身体がしぼれてないと動きが悪くなりいい仕事ができないし、それに伴って危険度が増すので体調(体重?)管理はしっかりしないと!


で、今日の作品です。
Img_3675 Img_3677 Img_3679(No.104)
これで和犬を計4体作ったのですが、まあなんとかコツが掴めて来たような・・・
僕の場合、かわいく作りたくて頭が大きくなってしまう(無意識で)傾向があり、今回もやはりその傾向が表れてしまいました。
ん〜、でもかわいくできたと思うので、オッケーです。

僕の作品は「かわいい!」って言われることが多いんですけど、僕自身がかわいいものが好きなんですよね。
自分が欲しいものを作っているので、やっぱりかわいくなるわけです。

あと、シンプルな美しいものも好きだし、ユニークなものも好きです。
バタフライスツールは美しいし、フィリップ・スタルクのpoaaという作品は手でぐっと握っただけという最高にユニークなダンベルだし。
こういった自分のし好も作品に表せるように精進精進!


banner_03_thumb正直順位が下がってきました。。。オレ、がんばるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »