« 講習の反省会 | トップページ | こんなときは焼いてみる »

2006/07/28

ヘリコプターで運ぶ!

いま、山仕事では国有林の間伐(列状)を行ってまして、直径50センチを超える杉をバンバン倒してます。
もちろんこのあと市場に出荷するのですが、長さをそろえる為にカットするので、その端材をもらえたらなあ〜、なんて思いながら仕事をしている今日この頃だったりします。

一つ言っておくと、木は山にたくさんたくさんあるけれど、そこから出してくるのが本当に大変なんです。
木を山から出すのに凄い手間つまり費用がかかる為に、山に木が捨てられるという現状があります。
チェンソーアートでは杉丸太を使うことが多いのですが、山仕事をしているからこそ、その丸太の価値がよりわかります。



とっと、
今日のブログは山仕事について書くつもりじゃなくて、チェンソーアートの作品を紹介しようと思っていたんだけど、せっかくだから木を山から出すときの模様を連続写真で公開することにしよう!(以前、記録用に撮っておいたものです)

Img_2569 倒した木(これはヒノキ)にワイヤーがかかっています。

Img_2563 木が持ち上げられて行きます。マジック?セロ?!

Img_2564 ヘリ! let's go!!

Img_2572 トびます!トびます!

Img_2571 山土場へ到着

Img_2575 凄い木ばっかり!!

で、ここからまたクレーンでトラックに積み込んで市場へと運ばれるわけです。

これはヘリ集材だけど、山に太いワイヤーをかけてそこに丸太をつって運び出してくるやり方もあります。(架線集材。これの方が一般的)

今の時代は機械が使えるからまだましだけど、「昔の人は本当に大変だったんだろうな、いったいどうやってたんだろ?」って思うことが現場ではいっぱいあります。
そりゃ、僕も本なんかで得た知識はあるけど、実際に現場で仕事をしているといろいろと考えます。


たまには、こんな話題もいいかな。


banner_01_thumb今日の作品Img_3633(No.98とNo.102 103)
ランキングが16位に下がってしまった!! わんこの力で一ケタ復活を!!
クリックよろスギ!!

|

« 講習の反省会 | トップページ | こんなときは焼いてみる »

チェーンソーアート(作品) 」カテゴリの記事

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

おこんばんは。
たまの話題にクイツキマス
現場の教科書ですねぇー
ヘリ集材って言うと結構ビックリされる
人がいて他県の人と話題ができて助かる
時があります(笑)
映画「ミッションインポッシブルⅠ」の
最後のシーンで何でヘリのワイヤーを
操縦しているジャンレノがはずせないんだろう?と疑問に思ったりしてます。

投稿: 祝い杉 | 2006/07/28 23:42

>祝い杉くん
ふと思い立って書いたものだから分かる人には分かるけど、「林」関係じゃ無い人にはよくわからないかな?
ま、ヘリは話題性十分だよね。

ジャンレノはワイヤーを外すスイッチの場所を知らなかったんでしょう。
まだまだだね!

投稿: でき杉 | 2006/07/29 09:52

あれ?今日はお休みですか?

高性能林業機械(ハーベスタやプロセッサ)は凄いですね~。なんせ1台で伐倒、枝打ち、玉切り、積み込みをするんですから。
これも話題性十分ですね。
しかし使用できる場所も限られてくし、なんせ高額だからどうなんでしょう。

明日は楽しみにしています(あっ!でも17時頃に帰ります)。

投稿: サワダラ | 2006/07/29 12:36

>サワダラさん
今日は山を休んの注文作品を仕上げる積もりだったんですが、でも暑いし暑すぎるし、とにかく暑かったんで、家でダラダラしてました。
書き込みの時間でばれちゃいましたね。

でも、午後からはしっかりと作品仕上げたんで、後日upします!

高性能林業機械は研修か、国の仕事で無い限り使わないですね。
面白い機械なんですけどね。

明日は僕は15時から参戦です。
2時間たっぷり遊びましょう!

投稿: でき杉 | 2006/07/29 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/11132030

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリコプターで運ぶ!:

« 講習の反省会 | トップページ | こんなときは焼いてみる »