« 世界チェンソーアート競技大会in東栄2006(その1) | トップページ | 世界チェンソーアート競技大会(その3)と読売新聞 »

2006/05/30

世界チェンソーアート競技大会in東栄2006(その2)

今日は各カーバーさんの作品の写真を載せようと思います。
ただし、僕も選手として参加していたため、時間が取れずあくまでも一部の方の作品しか撮ることができませんでした。
とりあえず、僕の手元にあるものをupします。
一日目、二日目など順不同です。

お名前間違っていたらご一報お願いします。

Cimg2920 (すみません。。。海外選手は間違いないのですが)
Img_3425 Img_3470 (マイケル・ブレイン氏)
Img_3427 Cimg2922 (セバスチャン・セイファート氏)
Img_3429 (喜多誠さん)
Img_3432 Img_3484 (米山孝昭さん)
Img_3434 Img_3479 (西田和広さん<Bicoさん>)
Img_3435(塚原吉智さん<塚っちさん>)
Img_3438 (すみません。。。わかりません)
Img_3439(すみません。。。海外選手です)
Img_3440 Img_3471 (栗田宏武さん)
作品を運んで頂きありがとうございました。
Img_3441 Img_3486 (デニス・ビーチ氏)
Img_3445(ごめんなさい分かりませんでした)
Img_3446 (ごめんなさい。わかりません)
Img_3447 (分かりませんでした。すみません)
Img_3448 Img_3467 (林隆雄さん)
Img_3452 (宮澤五郎さん)
Cimg2931(松田玲さん<REIさん>)
Img_3468 (青木義大さん)
Img_3469 (わかりませんでした。すみません)
Img_3475 (わかりませんでした。すみません)
Img_3477(城所啓二さん<KGさん>)
Img_3478 (ごめんなさい。わかりません)
Img_3480 (ジョセフ・ヒンツ氏)
Img_3482 (太田貴之さん)
Img_3491(サイモン・オルーク氏)

こうしてまとめてみたら自分でもびっくりするくらい写真が撮れてないです。。。
招待選手の方の作品や有名な方の作品も撮れてなくて、ちょっとショック・・・
とにかくテンパッてて時間がなかった。
仕方ない。

とまあ、今日はこんな感じで。



banner_03_thumb

|

« 世界チェンソーアート競技大会in東栄2006(その1) | トップページ | 世界チェンソーアート競技大会(その3)と読売新聞 »

チェーンソーアート(大会記録)」カテゴリの記事

コメント

作品の数々見せていただきました。
私は行けなかったですが、写真を拝見したり、皆さん方のコメントを見ているだけでも雰囲気を感じられてとてもうれしいです。

出来杉さんの犬シリーズはどんどん完成度がUPしてますね!
成瀬さんがおっしゃるようにストーリーや雰囲気が作品に感じられます。

投稿: 佐藤 | 2006/05/30 21:46

>佐藤さん
ほんの一部ですが、写真を載せてみました。
もっと凄い作品もあったんですよ!

作品のストーリーや雰囲気は結構気にしています。
佐藤さんのカッパや鯉(でしたっけ)も素晴らしかったです!
次はぜひ大会でお会いしましょう。

投稿: でき杉 | 2006/05/30 22:07

なかなかバラエティーにとんでますね!
自由度が高い、というかナンデモアリですね
チェーンソーで丸太を削る時よく失敗して
横滑りするのですが、その「滑り後」をみて
書道の字みたいだなと思うんですが
「チェーンソー書道」って出来ないかなー
と思いますが、してらっしゃる方いますかねぇ?
まぁやってみたら良いんですが出来杉師匠は
ナンテ書きますか?(笑)

投稿: 祝い杉 | 2006/05/31 08:42

>祝い杉さん
「チェーンソー書道」とは、いいところに目をつけた!!
実は、これに関しては日本の大家の方がいらっしゃいます。
名前は忘れてしまったのですが、日本のログビルダーの草分け的存在で普通のチェンソーを使って、実に器用に書道のような字を彫ります。

僕がなんて書くかって?
「生涯、一山いき」だよ、君ぃ。

投稿: でき杉 | 2006/05/31 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/10312592

この記事へのトラックバック一覧です: 世界チェンソーアート競技大会in東栄2006(その2):

« 世界チェンソーアート競技大会in東栄2006(その1) | トップページ | 世界チェンソーアート競技大会(その3)と読売新聞 »