« 日本の夏、そまびとの夏(12) | トップページ | 紀の川カッパ祭りカービングショー »

2005/08/19

一分間チェンソーアート

リンクをしている田中淳夫さんのブログ「誰が日本の森を殺すのか」に1分間チェンソーアート記事があった。

>チェンソーアートの醍醐味は、目の前で丸太が造形されていくことだ。手彫りなら何カ月もかかりそうな作品を、ほんの数時間で完成させる。
しかし、その数時間が待てない客もいるだろう。

本当のプロは、飽きさせない工夫というか、演技力も持ち合わせているが、まだ日本人でその域に達した人はほとんどいない。作品づくりに熱中していると、観ている者には少し退屈となる。
私の見たもっとも早いもので30分だったが、まったくチェンソーアートを知らない人に見せるには、もう少し短くする必要があるかもしれない。

さすがに1分間とは言わないが、5分、10分で仕上げる作品づくりも考えてもいいかなあ、と思ったのである。
あるいは早回しビデオを作るという手もあるぞ(笑)。

これは正直、痛いところを突かれた。
同様の思いのカーバーは多いのでは。ねえ、皆さん?
カーバーさんと、飽きずに観ていられるのは30分が限度じゃないか、と話したことがあります。でも、これでも長いかあ。

僕も実際ショーで気を使うのはココ。なんとか飽きないで観てもらいたい
そのためには音楽やMCも工夫する必要があると思う。
あ、もちろん一番は僕の腕です。はい。

ただ、これからチェンソーアートというものが、この国に定着していくには、もっといろんな形の見せ方があっていいと思うし、なきゃダメなんでしょうね。
一分間チェンソーアート(実際は5分、10分でも)は有効ですよね。つかみとして。

さて、明日はショー当日です。
ほんと、観てくれる方には、楽しんでもらいたいですね。
「スゲエ」とかより先に「面白そう」「楽しそう」が来て欲しい。

とりあえず、必死でがんばります。

|

« 日本の夏、そまびとの夏(12) | トップページ | 紀の川カッパ祭りカービングショー »

チェーンソーアート(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

一分も出来によってはマイナスですよ。
僕の場合、デモの様子をビデオで観ると、二十分程で一度動きます。そして完成間際にまた観に来る、このパターンが一番多い気がします。

がっ、「集中」・・・これしかありません!
それが感動を生みます。

投稿: にしま | 2005/08/19 22:36

>にしまさん
 ブライアンが割り箸をチェンソーで彫刻していて、これはつかみとしていいな、と思っています。5分10分でも、きちんと出来るデザインを考えれば、可能ではないかと。またそういう努力も必要でしょうね。
 

投稿: でき杉 | 2005/08/21 08:04

ど素人の提案ですが、演出の方法として
「焼く」ってのはどうでしょう?
質問なんですが、チェーンソーアートでも
スギの表面を焼いて木目を浮かせること
があると思うんですが、そのとき「希硝酸」
って使いますか?
関係ないですが最近涼しくなりましたねー

投稿: いわい | 2005/08/23 08:29

>いわいくん
 やーほんと涼しくなった。朝方なんて寒くて最近ちょっと風邪気味です。
まず、「焼く」はショーの中ではできなくて。危ないから。ショーの後、仕上げの一環でバーナーで焼くことはありますよ。
「希硝酸」は家で焼くときにも使わないなあ。僕は、焼いてブラシかけて水洗いって感じです。「希硝酸」使うと木目がはっきりとキレイになるから、作品によっては使ってみてもいいかも。ただ、使うとチェンソーで仕上げたのが分からなくなるという欠点があるような。。

投稿: でき杉 | 2005/08/23 17:21

お返事ありがとうございます。
どもども

投稿: いわい | 2005/08/24 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/5544869

この記事へのトラックバック一覧です: 一分間チェンソーアート:

» Carving a minute [チェーンソーアーティストとして・・・]
「1分間カービング」をカービングショーを盛り上げるためのひとつのアイデアとして、以前「出来杉計画」の梶谷氏が取り上げておられ、岡山大会でもテレビ取材に栗田氏が、チャレンジしてはりましたが、今回久々の練習にて、私もチャレンジしてみました。 もちろん1分で作品を仕上げるには、とてもとても・・・・・ 直径12〜15cmの檜でベアーズヘッドに挑戦。 出来上がった作品はどちらかというと犬みたい(写真参照)になってしまいましたが... [続きを読む]

受信: 2005/08/29 14:12

« 日本の夏、そまびとの夏(12) | トップページ | 紀の川カッパ祭りカービングショー »