« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/30

直し杉

IMG_2453なんだか僕にしては珍しいリアルなクマ。胴長だけど。
実は、この作品、一年半ほど前にチェンソーアートの大会で彫ったものを、あらためて彫り直したものです。
ずっと僕の職場の入り口に置いておいたのですが、「あんまりな出来」のため、いつか彫り直そう彫り直そうと思いつつ、今になりました。

過去の作品を彫り直すのは、勉強になるものですね。形の捉え方がいまと全然違う。これは僕の腕が上達したということにしておこう。

でも、このクマもやはり彫り直し前の形がどうしても残っているので、満足は出来ないなあ。(特に目と全体のバランス)
時間があるときに、リアルな熊もきちんと彫ってみたいです。最近ずっと、目指せぬいぐるみ!だったからなあ。
(その「目指せぬいぐるみ」はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/27

君のためのクマにするために

と、なんだか分からないタイトルですが、写真をご覧下さい。
IMG_2424 IMG_2427
この引出しの上にクマがいる「お座りクマ(仮)」は、サイズをもっと小さくしていずれ「出来杉良品」のラインナップに載せようと思っています。
いまは試行錯誤している所なのですが、とりあえずは

  • クマをもっとかわいくする(君がヘコんでいる時に元気づけてくれるように)
  • 引出しの改良。取っ手を工夫する
  • 引出しとクマのバランスを考える

を、行っていきたいと思っています。

「出来杉良品」のチェンソーアート作品は、コレ以外にもいくつか用意するつもりです。普段、注文を受けて作るものよりも小さくて量産出来るものにする予定です。その分、価格も安くして。
試作したらまた報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/25

取材を受けました(続き)

昨日に引き続き、田舎暮らしの本の取材です。
昨日は森林組合の仕事を中心にした話。今日はメンバーの田舎暮らしについての話をしました。僕の場合はやっぱり「出来杉計画」(チェンソーアート)の話題で。
雨が降っていましたが、外でカービングしている写真も撮ってもらいました。
格好はもちろん出来杉Tシャツ。言うまでもありません。
その後、家で雑談を。

CIMG1579 写真はそのときの様子。
いやあ、本当にいろいろな話を聞かせていただきました。僕一人で話を聞くのがもったいないくらい。講演に来て欲しいと思ったくらいです。
このとき、田舎暮らしについて、話をしていたわけではありません。
実は、取材に来てくれたのが、森林ジャーナリストの田中淳夫さんその人だったので、林業の話を中心にいろいろと教えてもらったわけです。
(田中さんの最新著書はです)

話をして、こりゃ必死でがんばらないと山いきも大変だ、と木を引き締めました。
これからの僕の必死の努力の様子はこの出来杉計画ブログで。
どうぞお楽しみに。

p.s.
写真。テーブルの上の雑誌は『コンフォルト』です。
次号は9/5発売。「山仕事日記」連載していますので、ぜひ目を通してみてください。や、買ってください。よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/24

取材を受けました

「田舎暮らしの本」(宝島社)という雑誌がありますが、その取材を受けました。
IMG_2416村の宿泊施設にて。
僕ら森林組合の作業班は6人全員がIターンということで、そのIターン組がどのように村に定着しているのか、といったことを作業班そして組合側から話を聞くというものでした。

「田舎暮らしの本」は、東京にいた頃、本当によく読んでいて、まさか自分が取材される側になるとは、ちょっと驚き。
実際に田舎に住むようになって、読まなくなってしまったけど、当時はいろいろと参考にしたものです。(しみじみ)
僕らの記事が、田舎暮らしを希望する人たちになにか力になれれば良いですね。
取材は明日も続きます。
天気が心配ですが、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

紀の川カッパ祭りカービングショー

昨日、紀の川カッパ祭りでショーを行って来ました。
お祭りの規模は本当に大きくて演奏やらヘリが飛んでいたり、お店もたくさん出ていてお客さんもいっぱいでした。最後の花火も感動もの。ショーの疲れが吹っ飛びました。

それでは、ショーの模様です。
ショーは計二回。ステージではインタビューとファイナルカットをしました。
CIMG1504
これはショーとは別に松本さんが作成してきた祭りのキャラクター「カッピー」。これはショーの前に文字部分を彫っているところ。ステージでは、最後のカットのみ行いました。
CIMG1541 一度目のショー作品。向かって右が松本さん。左が梶谷です。
CIMG1550二度目、19:00からのショー風景。たくさんの人!
CIMG1572 向かって左が松本さん、右が梶谷の作品。作品はすべて一時間。
結局、オークションは行わず、主催者側が展示したり別の形で販売するということになりました。

ショーの一時間というのは、集中しているためあっと言う間。
お客さんは楽しんでくれていたようで、満足しています。
次のショーではもっと充実したものをお見せできるように、また今日から練習です。

スタッフ、関係者の皆様には本当にお世話になりました。
また、ショーを見に来てくれた方、差し入れしてくださった方、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/19

一分間チェンソーアート

リンクをしている田中淳夫さんのブログ「誰が日本の森を殺すのか」に1分間チェンソーアート記事があった。

>チェンソーアートの醍醐味は、目の前で丸太が造形されていくことだ。手彫りなら何カ月もかかりそうな作品を、ほんの数時間で完成させる。
しかし、その数時間が待てない客もいるだろう。

本当のプロは、飽きさせない工夫というか、演技力も持ち合わせているが、まだ日本人でその域に達した人はほとんどいない。作品づくりに熱中していると、観ている者には少し退屈となる。
私の見たもっとも早いもので30分だったが、まったくチェンソーアートを知らない人に見せるには、もう少し短くする必要があるかもしれない。

さすがに1分間とは言わないが、5分、10分で仕上げる作品づくりも考えてもいいかなあ、と思ったのである。
あるいは早回しビデオを作るという手もあるぞ(笑)。

これは正直、痛いところを突かれた。
同様の思いのカーバーは多いのでは。ねえ、皆さん?
カーバーさんと、飽きずに観ていられるのは30分が限度じゃないか、と話したことがあります。でも、これでも長いかあ。

僕も実際ショーで気を使うのはココ。なんとか飽きないで観てもらいたい
そのためには音楽やMCも工夫する必要があると思う。
あ、もちろん一番は僕の腕です。はい。

ただ、これからチェンソーアートというものが、この国に定着していくには、もっといろんな形の見せ方があっていいと思うし、なきゃダメなんでしょうね。
一分間チェンソーアート(実際は5分、10分でも)は有効ですよね。つかみとして。

さて、明日はショー当日です。
ほんと、観てくれる方には、楽しんでもらいたいですね。
「スゲエ」とかより先に「面白そう」「楽しそう」が来て欲しい。

とりあえず、必死でがんばります。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/08/10

日本の夏、そまびとの夏(12)

IMG_2369
日テレちゃんから先日のそまびと大会の模様を紹介したニュースプラス1の映像が届きました!
なんとスポーツのコーナーで紹介するという荒技に出た日テレちゃん。
内容を簡単に紹介すると、「6連覇中の常勝チームに毎回あと少しで届かないチームが今年は勝てるのか?」といったもので、僕らのチームがかなりクローズアップされてました。
IMG_2391 インタビューにもこんな感じで答えちゃったりして。

この放送を見てくれた一般の方は、どのように思ったんでしょうね。
チームが勝つか負けるかではなくて、こういった大会が開かれていて面白そうだと興味を持ってくれたらいいんだけれど。

こうして取材に来てくれて、この最後の大会のよい思い出になりました。
番組制作の方、関係者の方々には本当に感謝です。
ありがとうございました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/07

1000万円の使い道

IMG_2355
行ってきました!「クイズ○○オネ○」!!
これ最終選考会っす。この炎天下、大阪まで行ってきましたよ。暑いのなんの、というか電車の冷房の効き過ぎにやられました。。

皆さん、知ってますよね?
フジテレビでやっているクイズ番組。司会者が焦らすアレです。1000万もらえるやつです!!!

今日は、筆記試験(30分で100問。一問一答式)を行い、その後面接しました。大事なのは、この面接。いったい1000万であなたは何がしたいのか?

 吉野 杉万博 
 林業は不況と言われて久しい。私の住む吉野も例外ではない。地元の木を使って一発何かやりたい。

  • チェンソーアートのショー
  • 杉の葉染め体験
  • デザイナーによる杉家具の展示
  • 山仕事体験 など

 「杉 地球博」な感じで。「スギロックフェスティバル」なノリで。

と、こんな感じでアピールしてきました。
でも、これテレビ的にどーなんでしょうね。
正直なところ、「使い道」よりも「その人の家族なども含めたキャラ」が大事なように思えました。
もし合格となれば、今日から3ヶ月以内に連絡があるそうです。一週間後かもしれないし、3ヶ月後かもしれない。

 最後のカメラアピールで僕はこういいました。
全国の山仕事でがんばっている人たちのためにもがんばります

なんかよくわからないけど(だって突然振ってくるから)、意気込みは伝わったか? さーて、僕はみのさんと対峙できるんでしょうかね。その時は、皆さん応援してね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/05

出来杉計画Tシャツ販売開始!

出来杉計画Tシャツ販売します。

CIMG1389
写真の男性179cm、68kg。
Tシャツのサイズは横幅が53cm、身丈が73cmです。

CIMG1444
写真の女性は155cm、48kgです。かなりノリノリっす。
Tシャツのサイズは、横幅が48cm、身丈が67cmです。

CIMG1327 CIMG1343

○カラー:ブラック、グレー、ホワイト
     杉の葉染め<深く落ち着いた桜色>(製作過程はこちら
(Lサイズのブラック、SサイズLサイズのホワイトは現在在庫なし)

○素材:綿100% 日本製

○サイズ:上記のようにSとLがあります

○生地は厚手ではありませんが、洗濯20回後も縫製は頑強なままです。

価格は2800円(税込み)です。
送料はご負担下さい。S、Lともに240円です。

購入を希望される方は、色、サイズ、枚数を記入の上、メールしてください。
折り返し、詳細をお送りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »