« 日本の夏、そまびとの夏(9) | トップページ | 出来杉計画Tシャツ販売開始! »

2005/07/31

だれが日本の「森」を殺すのか

みなさん、読みましたか?
田中さんの著書は、直接的で分かりやすくて読みやすいと僕は思っています。

さて、今回のこの本。
凄いタイトル。田中さんの著書はこのような刺激的なタイトルが多いようですが、今回の場合、内容とタイトルはあまり関係がない感じです。ま、タイトルは基本的に「つかみ」ですからね。
実際の内容は、本の「帯」に書いてある「日本の<森林資源>の有効活用の試みは既に全国で始まっている。私はその例を全国に取材した」です。

山いきの僕が感想として思ったこと。
知らないことばっかりだ・・・

そう、本当に僕は何も知らないのだ。
山いきは山に行って草刈ったり、木を伐っていれば良いのか?
ただ「中の人」に言われるがままに、何も考えずに働いていれば良いのか?

僕は「日本の森林資源の有効活用の試み」に、果たして参加出来ているのだろうか。
いや、参加できるのだろうか。
もう全然、勉強が足りないんだな、オレは。
でも、イチローも言っている「ひとりの人間のできることは、限られている」って。
山いきは、広く「林業」の人たちと連携してがんばっていかなきゃダメなんだと思う。

ちなみに、この本には僕がショーカーバー契約を結んでいる「チェンソーアート・ジャパン」も取り上げられています。この記事に関してはまた後日、触れたいと思います。

|

« 日本の夏、そまびとの夏(9) | トップページ | 出来杉計画Tシャツ販売開始! »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/5236938

この記事へのトラックバック一覧です: だれが日本の「森」を殺すのか:

« 日本の夏、そまびとの夏(9) | トップページ | 出来杉計画Tシャツ販売開始! »