« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/29

コマツゼノアG3200

IMG_1908
使用チェンソー紹介第4弾。
このチェンソーはカービングの際、細かい仕上げをするときに使います。
バーの先を使って目を彫ったりします。
めちゃ難しいんだけど。

このチェンソーは設計が新しいみたいで、振動を押さえる部分がゴムではなく、バネだったり
チェンオイルがスムーズに出るようになっています。
バーをノーマルに替えて普通に山仕事に使っても、結構使えます。
3700のように高回転まで一気に吹き上がって間伐の時にがんがん仕事できるという
訳ではないけれど、ゆったりお仕事♡なんてときにはこれで十分だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

カービングショー見学(Rei off編)

IMG_1912
今日も晴天のカービング日和。
ショーカーバーとして先輩の玲さんのショーを見に行った。
http://homepage3.nifty.com/reioff/

ショーの流れは流石。
まず、チェンソーアートの日本における歴史を紹介し、次に注意事項を説明。
全体に言葉を投げかけるのではなく、一人一人に語りかけるような口調でした。

そしてカービングショー開始。
舞い上がるおが粉。飛び散る木っ端。
一時間後、インディアンが完成。
その後、作品についての説明が入り、お客さんの拍手が空間を満たす。

完成した作品に群がる人、人、人。
この完成作品に人がたくさん集まってくるのは、ショーカーバーにとってうれしい瞬間だと思う。

僕も早く美酒に酔いたいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/23

コマツゼノア375

IMG_1905
使用チェンソー紹介第3弾。

これは前回紹介した3700の前モデルです。
違いは、スターターが変わったくらいだと思う。。

このコはカービングの際、一番活躍するチェンソー。
バーをカービングバーに替えているので、細かい作業もできるし、
排気量も十分なので、大きなカットもできる。

僕がカービングを始めた頃、まだチェンソーが一台しかなく、ずっとこれを使ってカービングしてました。
カービングしたいけれど、一台しかチェンソーを買えない! という人は、これがいいかもしれない。
でも、すぐにもう一台チェンソーが欲しくなるんですけど。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/21

コマツゼノア3700

IMG_1903
というわけで、使用チェンソー紹介第二弾!

こちらは普段は山仕事の間伐などで使用しています。
カービングのときは、ハスクバーナ357xpでブロックアウトを終えた後、作品を形作る最初に使います。

こいつはとにかくバランスがイイ!!
巷で名機との呼び声高いのもうなずける。

バーの長さは35センチ。40センチをつけることもあるけど、40じゃちょっと長いかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/20

キャバリア!

CIMG1027
はじめての看板制作。
看板部分もすべてチェンソーだけで仕上げています。
気合いを入れて作っただけに、左目のところに木の痛みが出てしまったのは残念。
依頼主の方は、快く受け入れてくださったので安心しました。
丸太から彫りだすので、こういうことがありうるとはいえ、なるべく注意しないと。

依頼をくださったのは、兵庫県西宮市でどうぶつの病気を治している方です。
どうぶつ気功院 http://homepage3.nifty.com/yoshiikikouin/
「病は気から」というのは、人も動物も同じなのでしょうね。

僕もこれからも気を込めて、作品を作っていくぞ。
次も犬を作る予定。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/19

357xp

IMG_1785
カービングの際、使用している一番大きなチェンソー。
丸太の状態から大まかな形を作る段階まで使う。

が、どうもこのコはよく切れると感じることが少ない。
排気量は60cc弱あるんだから、もっと切れるんじゃないの? と思う。
目立てもきちっとしてるつもりだけどなあ。

バーの長さは45センチ。
僕が使用する丸太はこのくらいの長さがあれば、いまのところ十分。

このコは普段活躍の場が少ないけど、大きいからショーの際、使ってると映える気がするんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/17

カービングショー見学(Craftech編)

大阪堺市のレジャー施設にて行われたカービングショーを見学。
大阪で精力的にチェンソーカービングを行っているCraftechのメンバーの方々のショーである。
http://ryu-an.jp/
このサイトの主催者である塚原さんはカービング大会の優勝経験者でもあります。

晴天に恵まれ、最高のショー日和!
CIMG0981

と、ショーの前に行われた丸太倒しゲームになぜか参加することに。
CIMG1002
このゲームではCraftechのヒガさんと勝負。
運良く勝利することができました。本気でがんばったので、正直うれしかったっす。

CIMG1015
最後に記念撮影。
何もしていない僕が中にいて、、、すみません。。

やっぱりほかのカーバーの皆さんのショーをみると勉強になります。
お客さんに混じって見ているので、その反応も見ることができるし。
それを自分に生かすようにしないといけないな。
がんばろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/14

あのヨン様もご愛用!?

CIMG0926
ヨン様が首に巻いているのは、杉の葉で染めたマフラーでは?
(龍平リゾート。カフェ「チョウム」にて)

IMG_1855
杉の葉染めのマフラーで結ばれるチュンサン(ヨン様)とユジン(チェジウ)。
(南怡島。メタセコイア並木にて)

ヨン様似合ってるね。
ぺ・ヨンジュン チェ・ジウ ユジン 冬のソナタ 冬のソナタ 韓流 韓流

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/07

ありがたい

1

fumei
作品を購入してくれた方が写真を送ってくれた。
自分の作品がこういう風に使われていると思うと、ほんとうれしくなる。
ワンコなんてこうやって着飾ってると全然違うもの。
作者冥利に尽きます。
これからもがんばろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/03

カービングショー見学

CIMG0802
チェンソーアートのプロである城所啓二さんのカービングショーを見学してきた。
今回は神社に作品を奉納するということで、完成作品とともに城所さん本人がおはらいを受けていて写真はそれ。

城所さんのショーは見る機会がある人にはぜひとも見ていただきたい。
本当に、すごい。
めちゃ杉い。
僕もカービングするからわかるけど、あのレベルの物を一時間で作るのは本当に大変で。
でも一般のお客さんは、そんなことを知らなくてショーとして、また作品のできのよさを単純に楽しんでいる。

めちゃくちゃ大変なことを周りの人に悟らせずにショーとして行う。
いやいや、僕は何回も城所さんのショーを見てるけど、すごいわ。

そんな城所さんと僕はショーカーバー契約を結んだ。
城所さんの薫陶を受け、ここまで来ることができた。
実力はまだまだだけれど、できることをきちんとやってこの仕事を成功させたい。

これも「杉を使ってできること」すなわち出来杉計画である。
張り切っていこう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »