« スギダラ来訪 | トップページ | 枝打ち »

2005/03/24

展示会をやりたいが

IMG_1763
正直、展示会というものがよくわかっていない。
暴走しているかもしれないけれど、ちょっと書いてみる。

「出来杉計画」の新作発表会な感じで。
・杉を使ったファニチャー
・杉の葉で染めた衣類(Tシャツのデザインも)
・チェンソーアート作品(ファニチャーとセットで展示するのもありかと。長椅子の上に猫が丸くなってるとか、
  引き出しをあけたら中に作品が入ってるとか)
・おもちゃ、積み木(赤身、白太、源平でネフの積み木のようなかっこいいやつか、
  単純な長方形のみを最小で100ピースとか)

思いつくのはこんなところかな。
杉の葉の染め物はもっともっと使い道があると思われ。

僕はスウォッチ好きなんだけど、「杉ッチ」なんてできないかしら。
あ、置き時計で。
谷 俊幸さんの「MODERN」シリーズは美しいなあ。

こういったアイディアがあっても、なにをどうしたらわからないので皆さん力を貸してください。
よろ杉お願いします。

写真は「ピ」のつくあれです。

|

« スギダラ来訪 | トップページ | 枝打ち »

チェーンソーアート(作品) 」カテゴリの記事

出来杉計画の出来事 」カテゴリの記事

コメント

でき杉さんは東京にもちょくちょく来れるみたいだから、東京での展示会であればスギダラ本部が支援いたしますよ。もちろん、吉野でもだけど・・・

スギダラ家ができればアート作品だけでなく、杉の葉染めや、杉の入浴剤、杉アクセサリー、等々のスギダラグッズの展示販売もやれればなー、と思っておりますので・・・

投稿: 杉千代 | 2005/03/25 00:58

杉千代さん、協力よろ杉お願いします。
ほんまに山でしか働いたことがないので、世の中のことがよくわかりません。

「スギダラグッズ」となるからには、ますます木を引き締めて魅力的なものを作らないと!!

投稿: でき杉 | 2005/03/25 21:03

 杉の“桁・梁”など構造材を展示会場で見せれないかな?って思います。 太い桁・梁・柱を組み上げた様子は大迫力でいて美しいと前々から思っていましたが、なかなか実物って見せることができないんですよね。僕のイメージしてる見せたい部分の写真です。 http://www.homarewood.co.jp/testpage1.htm

投稿: 杉吉 | 2005/03/26 09:25

初めまして、MODERNの谷と申します。色んな素材を探していたら“谷 俊幸、MODERN”と目に入りましてここへ辿り着きました・・・。blogは初心者なので何を書き込めば良いのか分かりませんが。しかしこの作品は全てチェンソーで制作されているんですね!器用というか“凄い!”の一言です・・・。
私の作品は杉にこだわらず、日本の伝統工芸をもっと盛んにしたい!という気持ちから携わり、その結果良い素材に辿り着きました。ですが、ホント良い素材は質も当たり前ですが香りが好きなのでそれを多くの人に伝える事が出来ればと常に奮闘してます。
新作では駿河竹で出来た千筋細工という伝統工芸の技法を用いて発表しました。(http://www.modern-t.com)名前はSenです。繊細さのセン、千筋細工のセン、光をつけた時の光と影の線、全てを一つの作品に表現したいと思い名付けました。
形は違っても物を作る人間としてでき杉さんの作品も好きですよ!良い刺激になりました。
負けない様に頑張って行こうと思いました・・・。

投稿: MODERN | 2005/04/14 00:14

谷さん、コメントありがとうございます。
まさかご本人さんとは、

   驚きました!!!

谷さんの作品は、美しいんです。
もうどうしようもないくらい「美しい」。
初めて「手裏剣」を見たときは、雑誌をめくる手が止まり息をのみました。
http://www.modern-t.com/jp/sun/PRODUCTS/WAPPA-SHADE/SHURIKEN/index.html

僕はまだまだなんで、ほんま努力します。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。

ちなみに、僕も1974年生まれです。

投稿: でき杉 | 2005/04/14 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/3422619

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会をやりたいが:

« スギダラ来訪 | トップページ | 枝打ち »