出来杉計画とは

(記、2013年4月30日)
現在、人工林や花粉症などなどなにかと印象の悪い「杉」。
でも、古来からその扱いやすさで日本人とともに歩んできたのも事実。

そんな杉をなんとかしよう!

杉のために出来る事をスギスギ(次々)やって行く計画」を開始します!

<出来杉計画活動の柱>
○林業の話題は
山仕事、林業の話題 
○チェンソーアートの話題は
チェーンソーアートの話題
チェーンソーアートの作品
○杉の葉染めの話題は
杉の葉染めの話

杉の学名は「Cryptomeria japonica(隠れた日本の財産)」。
いつまでも隠しておくのはもったいない!

|

2017/02/19

高齢里山林の林業経営術

今日は書籍の紹介です



里山の林業経営書が誕生。

手入れをして「いくらで売れる?」、その「売り方は?」から、

1本数万円以上の良質木材や人気の緑化樹、特用林産物の紹介まで。

「収入をいかに上げるか」をキーポイントに明快に解説。

著者撮り下ろしのオールカラー写真が魅力的です!

 

●里山林の更新方法

●低林・高林・中林-里山林施業3タイプ

●里山樹種-売れる木いろいろ

●収入を上げるためのポイント
全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正直な話、表紙の感じとタイトルから「さらっと読んでみようかな」ってナメてかかってたんですね。

で、実際はとんでもなく夢と希望に満ちた良書でした。


吉野林業の地でスギヒノキばかり相手にしている僕にとっては、こんなに売れる木(雑木)がたくさんあるの!っていうのが本音。
でもこれが本当の林業なんじゃないの?


詳しくはリンク先を見て欲しいんだけど、こういう林業も夢があっていいと思う。
いま、自伐が流行ってるけど、都会に住む人たちはスギヒノキを相手にした林業よりも里山でこういう林業をやりたいんだろうなあって思います。

てか、今の俺でもそう思うもの!


この本の中で紹介されている一番高く売れた樹種(立米単価)はなんだと思います?
ケヤキ? トチノキ?

なんとカキノキで立米800万越え!
夢のある話じゃないですか!


ま、宝探しばかりしていても仕方ないのですが、この本ではちゃんと里山林の作り方から説明されてますので、全国のNPOさんとかホントすっごく参考になるんじゃないかな。

あ、俺ももう一回読み直そうっと。

| | コメント (0)

2017/02/16

バリスティック ウルトラ ロガーパンツのサイズ

モンベルのチェンソーパンツがウェブショップにも上がりました。
バリスティック ウルトラ ロガーパンツ


これによりサイズ展開が判明。
XS S M L XLの5種類。
サイズ表はこちらになります。
Size1
僕はM-Lがあれば一番良かったけど、ベルト付きだから少々ウエストが大きくても、そこはまあ仕方ない。


モンベルのチェンソーパンツの良いところは要望や改善点などあっても、意見を言いやすいところだと思います。
外国のチェンソーメーカーやファナー、シッププロテクションなど、気合いいれて買ってみて「うわ、なんだよこれ。。。」っていうのがあってもどうしようもなかったりするじゃないですか、って例えばの話ですよ!


モンベルだったら簡単に問い合わせられるし、またそれを反映するのも早いと思うんですよね。
実際、サイズ展開も今はユニセックスですが、売れ行きによってはサイズも増やすかもしれないと聞いています。
だから、どんどん要望を出したらいいと思いますね。


僕個人としては、もうちょっと地味で汚れの目立たないようなカラー、デザインのパンツが欲しいので、すでに要望を出しているところです。

あと、オンラインショップの表記も物足りない。
ちゃんとチェンソーの刃が止まるってことを書かないと。
独自開発のバリスティックを推したいのはもちろんわかるし、それも期待しているところだけど、このパンツについて最も肝心なのはそこじゃないですもんね。


ま、いずれにせよ、まずはこのパンツが売れないと意味がない。
チェンソー作業のお供にぜひ。

| | コメント (0)

2017/02/13

雪の枝打ち協力隊

ときおり雪がちらつく中、どんな仕事をしようかと思案した結果、枝打ちにいくことに。
Img_7246
だれも歩いてない雪の中をザクッザクッと歩くのが好き。
疲れるけど。。


Img_7257
まあ、枝打ちやれないこともないかな、、汗


Img_7273
今日の相棒は協力隊のKくん。
こんな雪の中に連れてこられて、しかも6mのてっぺんに立って枝打ち。


こちらが思っていた以上に体力もあるし、こんな誰もやりたがらない仕事も真面目に取り組んでくれる。
移動の一つ一つも小走りでパッと動く。
ちいさなことだけど、ほんと助かる。

あとは彼が怪我をしないように僕ら先輩がしっかりしないとな。


| | コメント (0)

2017/02/11

バリスティック ウルトラロガーパンツ

モンベルからチェンソーパンツが発売されることは、ブログを読んでくれてる人ならもう知ってますよね。
たとえば、機械化展のエントリーでも触れてます。


先日の緑の雇用のガイダンスでも展示してありましたし、もう実際に試着してみた人もいるようですが、ついにネットでも情報が上がりました

20170211_190643
価格は19800円(税別)です。
重さは1キロを切っています。
1170gとのことでした。すみません!
もちろん膝裏のベンチレーション付き。
デザイン、機能をシンプルにまとめてきてコストを抑えた感じですね。
この方が現場で働く者にとっては嬉しいです。

全国のモンベルショップにも展示されると思います。
もしなくても取り寄せてもらえるでしょう。
実際に試着して確認してみてください。
これがこのパンツの最大の利点ですよ。
試着しないで購入するとこういうことになりますからね。


この製品には僕もskyteamのメンバーとしていろいろと提言させてもらいました。
耐久性については僕もこれを手にいれて履き続けてみようと思います。


これまでいろいろな種類のパンツを履いてきましたが(2013年のこちらのエントリーを参考に)、洗濯を繰り返し、やぶにひっかかりして生地が破けたり、ボタンが取れたり。。
やっぱりパンツも消耗品だなあという印象です。


このモンベルのパンツも履いてみて実際の現場での意見を開発の人たちに届けていこうと思ってます。
発売して終わりじゃなくて、こっからがスタートですからね。

モンべルの本気ってヤツを見せてもらわないと!

| | コメント (2)

2017/02/08

チェンソー・テーブルソー

この発想は素晴らしいな。
限りなくシンプルだし、簡単にだれでもできる。
これで薪の長さも揃うように工夫したら完璧だ。

| | コメント (6)

2017/02/07

カゴノキ

ここ数年、年間100日以上が木登り仕事。
これまではスギヒノキばかり相手にしていたのに急に広葉樹が多くなって。


代表的な樹木はわかっても、知らない樹木も多い。
特にこの季節、葉っぱが落ちてしまうと樹皮だけで判断するのはなかなか難しく。。
もちろん「樹皮ハンドブック 」を片手に同定するようには頑張ってます。


そして、つい先日の神社仕事で出会った樹木がこれ。

Img_6978
これなら僕でもすぐわかる。
カゴノキやね。
漢字だと「鹿子の木」。
シカの背中の斑点模様からイメージしてこの名前になったんですね。

Img_7006
硬くはないけど、なかなか緻密な木で独特の匂いがありました。


今回剪定仕事でいい感じの丸太がなかったのですが、いつかカービングに使ってみたいですね!

| | コメント (0)

2017/02/03

奈良県・奥大和移住セミナーのお知らせ

大阪で山仕事や移住定住についていろいろと話すことになりましたー
興味のある人や周りにそんな人がいましたら、ぜひとも教えてあげてください。
あー、なに話そうかな〜

170308_calo_ijyu_pop_front

| | コメント (0)

2017/01/29

出来杉店!(てん) 2016年年間ランキング(書籍外)

さて、書籍編は昨日発表しましたが、今日は初の試み(ホントは以前少しだけやったことがある)となる書籍以外で売れたものとなります。


10位から発表したいけど、数が少なくて同数が並んでいるので第9位から!

シルキーの定番、ゴム太郎です。
長さはいろいろあって210から300mmまで売れてるけど、ここでは300mmを紹介します。
だってよく価格見て!いまなんと58%オフ!
300mmだけ激安なんですよ。急げ!(σ・∀・)σゲッツ


落ち着いて、、8位!

ここでブーツがランクイン!
マジカルフォレスターやアビカスパイク、ウィンジョブ500、地下足袋などいろいろ売れているんだけど、コスパに優れたこれが一番でした


で、7位と行きたいんだけど、同数が並んで一気に4位!

ゴムボーイも使ってる人多いんですね。
北海道の知り合いの人もこれで枝打ちしているって言ってたなあ。。
長さはいろいろあるけれど、この240mmが現在56%オフのセール中!
シルキーどうしたの⁈



僕が常に腰に携帯しているのはこれになります。
ノーマルのゴム太郎よりも耐久性があるから気に入ってるんです。
でも、今のタイミングではあまりいい買い物とは言えないかな〜
他が安すぎる!


なんだこれ?と思った人はもう少しお待ちを

巻尺?カルコ?と思った人は以前の書いたこちらを読んでください。
これのいいところはロガーテープのように木口から測らなくてもいいところ。
僕らは元玉に余尺を多めにつけるんで、任意のところにカルコを突き刺して測っていける。
悪いところは自分で巻かないといけないところ。。
とはいえ、安いのは絶対正義!


そんで2位がこれまた同数なので一気に紹介

これはロープバッグに最高です。
ハーフインチロープ200ftがぴったり入ります。
この5年で50個くらい売れてます。
色違いがあれば最高なのに、、、

工事用の黒板なんてもう誰も持ち歩いていませんよね?


で、年間第1位はっっ!

なんと! スゴイはネーミングといい、ゴージャズさといい、誰もが一度は使ってみたい、所有してみたいという特別感があるもんな。
これ考えた社員さんは表彰されていいと思う。
そんでこのスゴイもいま55%オフ。
ズバットとか40%くらいなのに、ホンマにスゴイ。



| | コメント (2)

2017/01/28

出来杉店!(てん) 2016年年間ランキング(書籍)

1月も終わりに近づいてしまいましたが、昨年1年間にどれだけの書籍がブログから販売されたか、ランキング発表したいと思います!

ちなみに毎年書籍だけ発表していましたが、書籍外もなかなかオモロイ結果となっているので、それも明日発表しようと思います。


それでは書籍編第10位!
と、行きたいところだけど10位は年間五冊ほどで、どんぐりの背比べなため9位から!


5年以上前に発売された書籍ですが、まだまだ地道に売れています。


続けて8位!

やはり特殊伐採、樹上伐採はいまゲキアツですからね〜


では7位!

まさか「引っ張る」特集とは。うまい視点ですよね。


で、同数で5位が二冊

ここでも特殊伐採特集。vol.5とセットで購入している人も多いのでしょう

いやこれ、ランキング調べてて一番驚いたかも。
もう大ロングセラーです。


さて4位は!

通称「ジェフ本」。
読みやすくて、わかりやすい。
欧米でもロングセラーになっているし、日本でもそうでしょう。
プロの人だけではなくて、週末林業、自伐林家さんにもオススメです


それでは第3位!

搬出間伐号がここでランクイン。
もっと上位でもいい気がするんだけど、現場で働く人向けなのかな


で、2位!

この表紙から漂うオーラたるや!
アーボリカルチャー、TRT、ABB、RR2とか、何が新しくて古くてとか、そういうの超越してますね。


そして、栄えある年間第1位は

やっぱり道具と技最新号!
伐倒特集は人気あるなあ。
それでも年間34冊。
50越えが当たり前だったことを思うとちょっと寂しいね。。
読書とスマホを見る時間ならスマホに軍配があがるのは間違いないから、林業書籍も電子書籍化してスマホに入り込むのが正しい戦略なのだろうな。

| | コメント (0)

2017/01/20

コウヤマキには気をつけろ!

本日、コウヤマキの伐採に失敗しまして。

境界沿いの林辺に生えていた20mくらいのコウヤマキを山側へ伐倒しようとしました。
林辺ということでもう完全に片枝びっちり。

山側へ牽引しながら引き倒す過程でツルがちぎれ、牽引方向とは90度ずれて横倒し。。

Img_6892
画像でいうと下側が受け口なんで、手袋の指先方向に倒れてしまいました。

コウヤマキは僕らの地域では珍しくない材で、その「もろい」という性質はわかっていたつもり。
でも、まさか、ね。
ツルも十分に残してあったし。

もっとガチガチに牽引すればよかったというよりも、片枝状態を解消してから伐倒すべきだったんでしょうなあ。

次回はかならず美しく狙った通りに寝かせます!

| | コメント (8)

«この伐倒動画はすごい