出来杉計画とは

(記、2013年4月30日)
現在、人工林や花粉症などなどなにかと印象の悪い「杉」。
でも、古来からその扱いやすさで日本人とともに歩んできたのも事実。

そんな杉をなんとかしよう!

杉のために出来る事をスギスギ(次々)やって行く計画」を開始します!

<出来杉計画活動の柱>
○林業の話題は
山仕事、林業の話題 
○チェンソーアートの話題は
チェーンソーアートの話題
チェーンソーアートの作品
○杉の葉染めの話題は
杉の葉染めの話

杉の学名は「Cryptomeria japonica(隠れた日本の財産)」。
いつまでも隠しておくのはもったいない!

|

2019/02/17

フルボディハーネスについて考える

こんなコメントをいただきました。

ーーーーーーーーーーー
フルハーネス義務化について、樹上作業については不確かな情報が飛び交っているように思います。
ある意味不確かな情報を伝えないために口をつぐんでいる方々もおられるのだと思うのですが、実際の所6.75m以上の樹上作業ではサドルハーネスは使っちゃいけなくなるのでしょうか??
ロープ高所作業という意味ではフルハーネスの安全教育は一部免除なのは何とか理解できました。
そもそも普通のアーボリストサドルはワークポジショニング用で、フォールアレスト機能はないと思うのですが、、
この件、どのように解釈されていらっしゃるのかお聞きできればありがたいです

ーーーーーーーーーーーーー

まず、初めに言いたいのですが、というかこれが全てなのですが、
「フルハーネスの特別教育を受けましょう」

僕も来月受講予定です。
そこできちんと講師の方に説明を受けるのが一番だと思います。

また、これは特別教育ですので、事業体でしっかりと判断してほしいと思います。

で、

実は、森林組合のFBページのほうで取り上げて、ブログに掲載するのをすっかり忘れていたのですが、
「ロープ高所作業」に関する見解が書いてありますので、リンク先を見てくださいね。
これはあくまで「ロープ高所作業」から考えたフルハーネスについての返答になります。
黒滝村森林組合skyteam


ーーーーーーーー

最後に一ついいですか。
この特別教育はよいきっかけになったと思います。

僕はもちろんフルボディハーネスを購入しますし、サドルハーネスも使っていきます。

繰り返しになりますが、僕のブログが答えではありません。
皆さん、フルハーネスの特別教育を受けにいきましょう!

| | コメント (4)

2019/02/10

君は大谷栄徳を知っているか

そう森林インストラクターで樹木医で、自然観察指導員で、ネイチャーゲームで、木育で、県庁の林務職員という和歌山の鬼才、大谷くんです。
知ってるよね。

知らない人はブログ「山いこら♪」を見てね。

さて、その大谷くんが和歌山のマルカ林業さんで勉強会を開催するというので、会いに行ってきました。


まず、午前中は座学!
1ddea14393f648538d1192d14a4df0bd
「森林施業の適期というのは、ちゃんと根拠がある」というのを一つ一つ説明してくれました。

8dd457a19ff54d91b73fb7c0d1109647
この春植え秋植えの根拠と、なぜ夏植えは良くないのかを説明してくれました。

そして、午後からはマルカ林業さんの山で実地研修。


144f2077023b4660be4dc6c5777ceef5
林道側のスギの実生苗を見つけて、なぜこのように生えているのか説明。
ふむふむ。

山をグルッと回りながら、どんどん解説してくれる大谷先生。

事務所に戻ってきて、軽い懇親会の間もどんな話題や質問にも丁寧に答えている姿が印象的でした。

ここまで、林業の仕事っていうのを、きちんと裏付けて解説できる人って少ないのでは。


大谷くんの勉強会は定期的に開催されるようなので、僕も告知するようにしますね。
なかなかよそでは聞けない話ばかりだと思います!

| | コメント (0)

2019/02/07

トビの柄を交換してみた

トビが置いてあったことに気づかず伐倒して、見事直撃させてしまったのは私です。。

なので、柄を交換してみたぞ。

60fbc95611dd418eb9a37cd5e3bb9e81
トビ口と柄はピッタリサイズなので、そのままでは差し込むことができません。

Ad9a444bc1c2432db906a56e42b62693
なので、バーナーで先を焦がします!
最初の差込が入りやすいように木口のエッジ部分を多目に焦がします。

43ee6833c5604fa8acc763425f85c16d
ガンガンと突き込みます。
ハンマーで叩いたりするより、突き込んだほうが早いです。

F8f54b7c2da846cd9dbfa5dd1245e022
入りにくいようなら、バーナーで様子を見ながら軽く焦がします。
あくまでもやりすぎないように注意します。


A420280e0f734aa6a247cf91a9d52a87
完成!

| | コメント (0)

2019/02/03

特殊伐採(樹上伐採)、これとこれは購入しよう

以前、木登り道具について書いた記事にこんなコメントが、

「これからツリーワークの道具を揃えたいのですが、
各メーカーから色々出すぎていてわかりません!
比べようにもいずれも高価ですし決めかねます。
これとこれは購入しよう!とかアドバイス頂けませんか?」


承知いたしました。

それでは、先の記事で使用した画像で説明します。

5e02048f1f8945c39c11c74ff739546b

道具の一つ一つの解説については引用先の記事を参考にしてください。


ーーー<購入すべきもの>ーーーーーーー
1 ハーネス
→ 樹上作業だけに使うのであればフルボディハーネスでなくともよいですが、汎用性を考えるとフルボディでも良いかも

2 フットアセンダ

5 クライミングシステム
→ プルージックコードとプーリーを使ったシステムや、ぺツルジグザグなどのメカニカルなものもあります。
まずは、DdRTのシステムで良いと思います。
組み合わせは多岐に渡りますので、好みで選択してください。

と、この書き方で意味がわからない人は、そもそも樹上作業をすべきではないと思います。
しっかりと講習を受けてから、樹上作業を行いましょう。

7 フリップライン(ランヤード)

12 クライミングスパー
→ できるだけ軽いものがよいと思います

13 ノコギリ
→ カーブソーからストレート、長さもいろいろあります。
好みの一本を見つけてください!

14 ヘルメット

最後にクライミングロープ


ーーーーーーーーーー

ネットの情報だとこれが限界となります。
僕もいろいろなメーカーのものを使用しているわけではありませんので、比較のしようがないのです。

道具の選定は悩ましいところですが、ネットの情報だけで判断せず、講習会や販売店、また木登りイベントに足を運び、生の声に触れてほしいと思います。


| | コメント (0)

2019/01/30

amazonプライムで「NHKプロフェッショナル」が見られるということは

Amazonプライムに加入している山いきの皆様へ。
リアルタイムで見ていた人も多いと思うのですが、見逃したという人は、、

D59e0119ad5b4dca829628e5856de39c

はやくみろっ‼︎ 間にあわなくなってもしらんぞーーーーーーっ‼︎

| | コメント (0)

2019/01/29

林業Iターンミーティング(ITM)復活祭⁈

林業のコーチングといえば、水野雅夫さんですが、先日いっしょに軽く飲んでいた時、あのITMの話になりました。

ITMって?
という人も増えてきたと思います。


今から10年くらい前に、それはそれは熱い林業者の集まりがあったわけです。
僕もブログで何度も報告しているんだけど、とりあえずこれを見て〜
第7回林業Iターンミーティング

今みたいにSNSでワイワイ情報交換という時代じゃなかったし、ほんとね一騎当千の林業バカが「いざっ!」って感じで熱く熱く学びあい語り合っていたんです。


4437bf0d31d1417a8c3a09d63d771139

Ba3f8e168b6c4a63879874e94a5bdc9a
(第10回ITMの様子です)

そんな話を水野さん含めて仲間と話してて、ぜひ今年復活させよう、という話になりました。
一回やってみようと。
後ろばかり振り返るつもりはないんです。
前向きな飲み会集まりになったらいいなと。


当時、最後のITMに一度だけ参加してくれた人がいたんですが、その人が今どこでどんな仕事をしているか、そんな話を水野さんとしているときに、もうね、感極まった瞬間があったんです。
やっぱりあの人は凄いな、と。
格好いいな、かなわないな、と。


ぜひ、皆さんの近況も知りたいです。
Facebook? 寒い寒い。

ITM体験者も未体験の人も続報を待っていてくださいな。


| | コメント (4)

2019/01/27

森林の仕事ガイダンス in 東京に行ってきた

7bb51e4128004cd8a67a95085b271c71


E115b452214f46f989f9255f9a06bf4f

と、東京のガイダンスに行く前日にNHK奈良放送局の取材を受けて、取材後いそいで東京へGo

ーーーーーーーー

で、翌日の東京ガイダンスへ。

43e2a6b4261b40e3822a88d44a967d93


C2f6d133585746f1affa96c09009decf

最近はほんと現場で働く女性も増えてきましたね。

あと、カップルや家族で相談に来ている姿も。
これはやっぱり林業の仕事だけではなく、移住、そして移住後の生活も非常に大事なので、色々な話をガイダンスで聞いておくのは安心できますよね。

大阪、東京と10年ぶりくらいにガイダンスに参加しましたが、改めて至れり尽くせりだと感じました。
林業の仕事や移住に関しての相談も、各都道府県や全国森林組合連合会、ハローワーク、実際に現場で仕事しているフォレストワーカーの皆さんやフォレストリーダー、マネージャーなどさまざまな角度から話を聞くことができるんですもの。

今回、東京では17歳の高校生や大学3年生も、今後に向けてということで話を聞きに来ていました。
このように気軽に足を運べるのも、このガイダンスのいいところですよね。


少しでも林業について関心のある人はぜひ、緑の雇用のホームページをチェックして情報収集に努めてくださいね。

| | コメント (0)

2019/01/20

森林の仕事ガイダンス@大阪に行ってきた

21725ccb353d494996ae28c938bae3c1

はい、子供たちを連れて森林の仕事ガイダンスに行ってきました。
この写真は息子撮影。

森林の仕事ガイダンスは、合同就業説明会みたいなものですね。


ここで僕は「フォレストリーダートークショー」に参加しまして、林業を始めて10年、20年経過して、現在どんな立場でどのような仕事をしているかという話をしてきました。

4a3a482ddecf4ba7afe7f11dae47bd2a
この画像はフォレストワーカートークショーなんだけど、2、3年目くらいの人が林業を始めてどのような変化があったのか、現在どんな仕事をしているのか、という話をするんです。

そしてリーダートークショーはその後を語ると。
これはとてもよい企画だと思っているんですが、話を聴いてくれた人はどのように感じたのかな。


ーーーーーーーー


あ、で、ガイダンス自体の様子は全体の参加人数は多くないように思いました。
林業のガイダンスって景気にものすごく左右されるところがあるかと。
世間の景気が良いと林業やりたいって人は限られてくるんです。
9年前?のガイダンスはすっごく盛況だったんです。
これはつまりリーマンショック後。

でも、この時と比べて今回一人一人の参加者がさまざまな道府県のブースを回り、熱心に話を聞いている印象が強かったです。

あと、皆さん目的が明確ですね。
以前のようにぼんやりと林業がやりたいというよりは、情報が行き渡ってきたのか、「自伐型に興味がある」「特殊伐採(樹上での伐採)をやりたい」など具体的な内容を相談する人もいました。


さて、お次は東京のガイダンス。
大阪とどう違うのか、これまた楽しみですな。

| | コメント (2)

2019/01/16

モンベルのアルパインインナーキャップは買い!

みなさんヘルメットは直接頭にかぶってますか?
僕は3シーズンは手ぬぐいを頭に巻いてからヘルメットなのですが、冬だけはどうにも頭が寒いのでニットキャップを被ったままヘルメットだったんですね。

でも、それだとなんだか蒸れるというか、なんだか快適に使えてなくて長年どうしたものかな〜と思っていたんです。

で、最近林業(一次産業)に力を入れているモンベルで何かないかと探してみたら、まさにその名の通りのヘルメットインナーキャップがあったんで買ってみたんです。


僕が調べた限りでは2種類ありました。
アルパインインナーキャップ
79b46018b34d453984fb807f51d561b7


シャミースインナーキャップ
605d76a6aba24ff083a4a688bc7d343b


でね、このアルパインインナーキャップがいいわけですよ。
薄くてヘルメットの中で邪魔にならず、かつしっかりと暖かい。

クリマプロと防風シェルの組み合わせが耳までおおうので、ちょっと音が聴きにくい感じがありますが、これは個人差があるかな。
一応穴は空いてます。
0ab3eb6fa3764c7c885f2a309076b454


あ、でね、シャミースの方は、うん、まあ普通かな。
薄手のフリースのキャップという感じ。
別に悪いわけじゃなくて、アルパインインナーキャプが現場ヘルメットには最強ということなんです。

サイズが2種類あるから、ぜひお店で試してみてください。
ちな、僕はM/L。
まだまだ寒い日が続きますので、少しでも快適に仕事しましょー

| | コメント (0)

2019/01/09

モンベル ツリークライムハーネスを使ってみた(追記あり)

256e003563c4444080e8d659b13ada30

高所作業にも使えるということ、また1万円代(!)というコストパフォーマンスの良さからモンベルのハーネスを使ってみました。

で、結論から言いますと、
「十分樹上作業に使える。ただし値段相応。改善の余地あり」です。

2a982b6389564847929f2655c64f28f9

僕は普段はぺツルのセコイアを使っています。


画像のようにモンベルのハーネスにぺツルのキャリツールSとキャリツールエボを装着しています。
アクセサリーループは左右に一ヶ所ずつしかないので、そこにキャリツールのSを通しています。
ここにキャリツールのLサイズは通らないのです。

6624c30e732b4807b0920d04f206c733


5ac9e7fbf6d24efaad4c337b4e449f58
チェンソーをぶら下げるとこんな感じ。


アクセサリーループはキャリツールエボで解決するので良いとしても、ギヤラック(ループ状のひも)が左右に一つずつというのはワーク用のハーネスとしては決定的に少ないと思います。
ここはぜひ改善してほしいところ。


あと、樹上作業で使う場合にちょっと厳しいのはフロントのD環
C73a0754320c426f86ad67a95b809137
ここはやはりブリッジも使えるようにしてほしかった。
あと1万円高くてもいいから。
樹上での身体の使い方に大きな違いがありますので。


Cd2f79d7ffff47758f4f163b1f601bc9
サイドD環はこんな感じ。
画像は基本的なサイズのカラビナを2つ使ってますが、まあ標準的ではないでしょうか。
サイドD環は普段は前向きになってますが、ある程度遊びがあります。

7b10bd31cb024c33ad5c4fd3b0336f7a_2
パッドはペラペラです。
70ccクラスのチェンソーをぶら下げたらどうなるのかはまだ試していないのですが、トップハンドルをさげたり、1日中樹上で作業している分には全く問題ありません。

ーーー(追記)ーーー
しばらく使ってみての感想ですが、この薄さはやはり身体の負担になるかと。

例えばスポーツクライミングのハーネスは薄く軽く動きやすいことが重視されます。
そして、使用中は負荷がかからず、万が一の落下を防ぐものです。
対して、ワークのハーネスは常に体重や荷重のかかった状態で使用します。
チェンソーや鋸、ランヤード、沢山のカラビナやスリング、人によっては如意棒やフックをギヤラックにぶら下げている人もいるでしょう。

このパッドの薄さで一日中荷重のかかった状態というのは、やはり身体に負担となる場合もあると思います。
腰回りが痛くなったり、不快に感じたり。

このハーネスに対する結論は変わりませんが、使用環境を考えてうまく使ってほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーー

6a8ff1509c634b2ba92387a07a2204de
あと気になったのは、レッグループの調整用ラダーが外れやすいこと。
さすがに使用中に外れはしませんが、着脱時に外れてしまうことがありました。
ていうか、ここ取り外しできる必要あるのかな。。

と、ここまでいろいろ書いてきましたが、結論は冒頭に書いた通り。

改善してほしいところはあるけれど、ワーク用のハーネスが1万円代ってどう考えてもスゴいこと。
樹上作業用として売られているものは5、6万が当たり前。
そういったお腹いっぱいの高級品とシンプルなモンベルのハーネスはさすがにおなじ土俵にはあげられないかな。

年間ずっと大木相手に樹上作業しているような人は専用のハーネスを、そうでなくて月に1、2現場程度や小低木中心の作業ならモンベルのハーネスでも全然問題ないと思うけど。
だって、この仕事って他にもロープやらデバイスをいっぱい買わないといけないでしょ。
抑えられる出費は抑えたい人もいるんじゃないかな。


| | コメント (4)

«バッテリーチェンソーの不具合