出来杉計画とは

(記、2013年4月30日)
現在、人工林や花粉症などなどなにかと印象の悪い「杉」。
でも、古来からその扱いやすさで日本人とともに歩んできたのも事実。

そんな杉をなんとかしよう!

杉のために出来る事をスギスギ(次々)やって行く計画」を開始します!

<出来杉計画活動の柱>
○林業の話題は
山仕事、林業の話題 
○チェンソーアートの話題は
チェーンソーアートの話題
チェーンソーアートの作品
○杉の葉染めの話題は
杉の葉染めの話

杉の学名は「Cryptomeria japonica(隠れた日本の財産)」。
いつまでも隠しておくのはもったいない!

|

2021/02/17

ハスクバーナ550XP トリオブレーキを使ってます

Bed95be46cec441091cd3632bb48cfc5

識者からの「オイオイオイ。Mark Ⅱじゃないのかアイツ」って声が聞こえてきそうなんですが、それには訳がありまして。

550xpは期待されていた分、その始動性のイマイチな感じが大きく影響して評価を下げてしまった感があります。

今の季節に使っている分には、全く問題なく使えてます。

0032edd5cd514ccba39adabd418ced01

エンジンが温まってきたら、この表示のように

①チョークを引いて③ポンプを6回押して⑤チョークを戻して(ハーフの状態)⑥スターターを引く

このようにエンジンをかけるらしいんですが、こんなことマジでやんの?

 

とりあえずこの時期だと普通にスターターを引くだけで一発でエンジンがかかります。

あ、オンのスイッチは自動なので触る必要がないです。

 

ハスクのXーCUTもとても良いですね。

丸ヤスリ一発で理想的なカッティングコーナーを作ってくれます。

ヒーティングハンドルにトリオブレーキという重さが加わっていても、それが苦にならないほどのパワーと操作性があります。

 

右手のブレーキも作業中は全く気にならないです。

アクセルを上から握ろうとしてブレーキを掴んでしまうことはありますが。。

フロントブレーキだって普通に作業している分には当たりませんもんね。

 

もう一度基本に立ち返って正しい姿勢で作業するためのトリオブレーキ。

本当はmarkⅡだったらもっと良かったけど、今のところ快適に使えてますよ。

あとは夏場だな〜

| | コメント (0)

2021/02/15

手袋、発想の転換

雪の日の山仕事。

どんな手袋を使ったらいいのか、これまで散々悩んできました。

んで、こんなブログも書いたことがあって → 「ダイローブ102 VS 防寒テムレス」

 

まー、防寒テムレス最強っっっっっつ!て思ってたんです。

さっきまでは。

これまでは濡れないためにテムレスとかの防水グローブを使っていて、でもどうしてもゴワゴワしたり指先が余ってしまって使いにくいけど、、って感じてたわけです。

 

 

んで、僕は基本的に冬場は手が冷たいので、手袋を二重にしてインナーグローブとしてフリースやウールのものを着用してたんですね。

(これも記事にしたと思うんだけど、見つからないので書いてなかったのかも。。)

こうすると、普段愛用しているニトリルゴムの手袋が使えて、グリップや指先感覚が変わらないから扱いやすいんですよ。

 

で、僕は考えました。

雪の日はフリースやウールのインナーグローブに薄手の防水グローブを重ねて使おうと。

これなら暖かいし、指も動かしやすいのではないかと。

でも、これはコスト高の割にすぐに破けるし、これなら防寒テムレスの方が良いという結論になりました。

 

それで、逆転の発想。

インナーグローブを防水にしたら良いのではないか。

0955762de9c84098aaf7c1a39b32cd46

インナーはモンベルのウインドストッパーライトトレッキンググローブ。

3b6aea3c721c4289ace3c7170b126bbb

重ねるとこんな感じ。外側はいつものニトリルゴム手袋。

インナーにゴアテックス。

55ffd0e4aa6245f48d003a53559ac262 Ac614eacfe794836ba9a0041c54e56ad

雪で濡れてインナーグローブも濡れてしまってます。

08f9642a22f34ca49c66cb88ba25c7c6

でも、内側は濡れてません。

手も冷たいことは冷たいですが、濡れないので手がかじかんでどうしようもないところまでならないんです。

 

インナーグローブが防水だと、これまで使っている手袋をそのまま使えるし、とにかく細かいチェンソーワークが違和感なく行えます。

 

もちろん、びしょびしょに濡れるようなところだと防寒テムレスみたいなタイプの方が良いと思いますが、寒さ防止や多少濡れる環境とかだと防水インナーグローブの方が快適に使えると思います。

ぜひ、お試しあれ。

 

 

| | コメント (0)

2021/02/04

アクションカメラを買ってみた

今、保育間伐の現場に入っているんですが、ただ作業していてもつまらないので、アクションカメラを導入してみました。

1e18f7d2b3e54a2e8a9a91c570c0c7ed

僕が使っている「合わせ伐り」、これとセットで使うことが多い「中抜き二段落とし」。

そして「胴回し回転切り」、「穿抜き」といった技の数々を撮影できたらいいなと思っているんです。(名付けて「伐りの呼吸」)

でも、角度が難しいねー。目線とはまた違うんだよな。

 

あ、公開するつもりはないです。

あくまで記録と研究のためですので。

 

 

んで、買ったのはこれ。
嘘みたいに安くて、お試しには十分。
最高のオモチャです。

 

ヘルメットアタッチメントはこれです。

 

| | コメント (4)

2021/02/01

プロテクションロガーブーツ(チェンソーブーツ)は雪中作業に最適

更新が滞ってて申し訳ございません!

記事用の写真はたくさん撮ってるんですが、それを記事にする余裕がなくて。

だめですね〜

もっと手軽に更新できるTwitterやインスタもあるけど、僕はブログでしっかりとした記事が書きたいんですよね。

みなさん、気長にお付き合いいただけると幸いです。

 

 

で、今年の奈良県は平年並みに雪が多いんですね。

 

B3941e7b479d4bbfaccdfbb12f95864f

昔は防水スパイク地下足袋やスパイク安全長靴を履いてたこともあるんですが、今はこれ。

モンベルのプロテクションロガーブーツ。

ゴアテックスだから足は濡れないし、ゴツいから雪の冷たさはマシだし(靴下は重ね履きしてます)、ほんと雪中作業が楽になりました。

 

チェンソーブーツは動きにくいとか、重たいとか、とにかく色々言われると思うのですが、いやもう慣れるから。

人間てすごい。

 

ほんと、季節、天気関係なく一年中チェンソーブーツで作業できる。

これは気分的に本当に楽。

いちいち天気や気温を考えなくていいからね。

 

これまで安全性重視でこのブーツを履いてきたけど、雪の中でこんなに快適だとは。

ほんとおすすめできるよ。

僕はモンベルのプロテクションロガーブーツしか履いたことがないけど、ぜひ店舗に行って試し履きしてみてください。

店頭にないときはお取り寄せを相談してみて!

 

| | コメント (5)

2021/01/05

モンベルのプロテクションロガーパンツをチェーンソーで切ってみた

まずは動画をどうぞ。

 

 

プロテクションロガーパンツは2年半ほど着用。

僕はモンベルのプロテクションロガーパンツを2本、ライトを1本持っており、この3本をローテーションして履いています。

その中で一番古いものを思い切って切断してみようかと思い、やってみました。

 

チェンソーはハスクバーナゼノアのG3711。

エンジン全開にしてアクセルから指を離したところで、パンツの太ももに当てに行きました。

これは実際に仕事現場で起こりやすい状況を考えたものです。

 

パンツは足に見立てたヒノキ丸太に履かせて固定した状態で切っていますので、かなり実際に起こりうる状況に近いと思います。

E16acc19875048338e15042c34f5f729

360224708da8432baeabb937211e415e

1829273f69ed4fedace71b95b3e5874d

パンツを裏返して確認。

しっかり当てに行ったけど、全く問題ありませんでした。

 

8ea7ca5a83ee425681f0e2c1384ca39b

 

3bf550f82b33481682356154295ecd2f

こんな感じで繊維が絡み付きますが、チェンソーの中にまで入り込むということはありませんでした。

糸が絡み付いてチェンソーの回転を止めるのかと思っていましたが、実際は違いましたね。

パンツに当たった瞬間、ガッとチェンの回転力で手が持っていかれて、そのまま防護繊維に止められるという感じでした。

動画の通り、繊維が絡み付いた状態でもチェンを回すことができましたし。

 

プロテクションロガーパンツの取り扱い説明書には、耐用年数として通常使用で1〜1.5年、ほとんど使わない場合で5年。

洗濯回数は25回ほどと書いてありますが、それを超えて使用していてもこのように十分な耐久性があることがわかりました。

さすがはモンベルと言いたいところですが、みなさん、ヨレヨレのボロボロになるまで着用してはダメですよ!

ちゃんと足を守ってくれるのですから、頃合いを見てちゃんと廃棄して、また新しいパンツを買いましょう。

今回の僕のようにね!

 

 

| | コメント (10)

2021/01/02

クサビの話

Dbe3045c584c4baab0ffd7a78f60b18e

僕はこういう小さなクサビを愛用しています。

多くの人よりも薄く小さいものを使っていると思います。

これを2つ、常に腰袋に携帯しているんですね。

 

なぜかというと、普段対峙する樹木は直径50cm以下がほとんどなので、これくらいだとちょうど追い口切りでチェンソーに干渉しなくて扱いやすいからです。

でも、やっぱりリフトする量は少ないので、少しでも奥に入るようにこんな風に少しカットしています。

0bbbea7f6a424fd9b41cb17dca031edf

根張りがあれば、そこをキレイにとると良いと思います。

 

小さくて薄いクサビは携帯しやすいし、叩いて入りやすい。

そして価格も安い。(韻)

 

よく見る中サイズのクサビを最初に揃えがちですが、小さいのもぜひ使ってみてください。

 

 

 

これは3個セットの価格だね。

| | コメント (4)

2021/01/01

原稿のお仕事

あけまして おめでとうございます

今日は元日。

大晦日は全林協から来春復活予定の「道具と技」の原稿を書いてました。

なんとかギリギリ仕上がったので、ゆっくりしたお正月を過ごしています。

 

昨年は「道具と技」が休刊した代わりに、フォレストジャーナルの原稿を受けることとなり、なんだかんだと物書きの時間が増えたように思います。

最近では、モンベルのインナーについてこんなコメントも書きました。

 

文章を書くのは苦手ではありませんが、それが上手いかというと話は別で悩みはつきません。

少しでも、皆さんの役にたつ記事が書けたらいいなと思っている次第です。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020/12/30

バッテリーチェンソーでチェンソーアートできるのか(実演編)

先週末、屋外のイベントでチェンソーアートの実演をしてきました。

A5f6e1d0e6b746ae9e25f86c08506daf

ハスクの540xpに16インチをつけてやってみたのですが、流石に16インチだと長すぎる感じがしました。

縦に切って行く時はやはりエンジンとは力の差を感じます。

これからは14インチで運用したいなと。

でも、カービング自体は全く問題なし。

排気ガスも振動もないから、扱いやすいです。

 

ただ、実演だとバッテリーではなんとなく迫力が出ないですね 笑

イベント時はエンジン音でお客さんが集まるという効果もあるので、そこはなんとなく寂しいです。

お客さんは静かな方がいいのかな。

 

これからどんどん使っていって、またインプレしますね!

| | コメント (0)

2020/12/25

YouTubeにチェーンソーアート実演の動画があった

この現状では、なかなかイベントが開かれずチェンソーアートの実演も今年は少なかったのですが、なんとYouTubeに僕の10年前の実演動画がありました。


観客の人が撮影していたのですね。


よもやよもやだ。


10年前からあまり腕が上がっていないな、、穴があったら入りたい…


 


 


| | コメント (0)

2020/12/17

小学校で森の先生をしてきた

A3e89c9fcaf848e1bb502cc79519f000

奈良県五條市の小学校で森林インストラクターとして授業をしてきました。

五條市は柿の産地として日本で1、2を争う地域。

そこで子どもたちが柿について勉強しているので、そのお手伝いをしてきたというわけです。

木のどう成長するかや、それをどのように育てて行くか、木と人との関わりについて話してきました。

そして、僕からのプレゼントとしてカキの木で作ったスプーンを渡して、みんなにペーパーで最後の仕上げをしてもらいました。

4511aa95a25f4cda91ca18073ba8133d


スプーンがツルツルになっていく過程が楽しいようで休み時間まで磨いている子がいたと、先生から後で聞きました。

こういう反応が嬉しいですよね、子供たちに木の温かみが伝わったようで。


こういう森林インストラクターとしての活動はまだまだ少ないけど、出来るだけ頑張っていきたいと思っているところです。

| | コメント (2)

«京都でチェンソーの目立て講習会をしてきた